2006年02月04日

関西大学イレブン優勝コメント

 4年ぶり12回めの優勝を決めた、関西大学イレブンの優勝コメントです。

−角野弘和(主将/FW・4年)
 ケガがあって、リーグに出場することができなかったけど、みんなが
頑張ってくれたので、優勝できた。リーグ前にはここまでやれるとは、
思っていなかった。最後の大会なので、インカレには出られるように
したい。

−佐野哲教(GK・4年)
 嬉しいの一言に尽きます。でも、今日(関学が負けて)決まるとは
思ってなかったので、来週試合に勝つことで決めたかったですね。
最終節は無失点に押さえたい。インカレでは、楽しくプレーをしたいです。

−池田 哲(DF・4年)
 優勝は目標だったけど、現実に達成できるとは思っていませんでした。
やっぱり嬉しいです。4年間で、初めて全国大会に出場できるので、
頑張りたい。ケガはインカレまでには治します。

−榊 慎介(DF・4年)
 とにかく、嬉しいの一言です。このチームでタイトルと一つ取りたかった
ので、達成できたことが何より嬉しい。1回生のときの総理大臣杯では
リザーブだったので、インカレはとても楽しみです。

−西 孝幸(DF・2年)
 優勝して嬉しいけど、まだ実感がないです。インカレでは、とにかく
ひたむきにいきたい。今日のゴールは、あんなに上手く入るとは
思いませんでした。パフォーマンスは、ゴール決めたらやったろうと
ずっと狙ってたんですけどね(笑)

−八柄堅一(DF・2年)
 2回生のこの時期に優勝できたので、この経験を先に生かしていきたい。
僕はリーグの初戦で勝った時に、このままいけると思っていました。
次のゲームは無失点で、全国大会につなげたい。

−森本圭太(FW・2年)
 まだ実感が沸かないです。このリーグは、周りのフォローも良くて
たくさん得点できた。(前田)雅文とのツートップは、最初はぎくしゃく
したけど、お互いが成長したと思う。インカレも優勝を狙います!

−宮津広記(MF・1年)
 嬉しいですけど、正直びっくりしています。ここまでこれたのは、
FWのおかげだと思います。僕は、そんな何もしてないなあと自分では
思う。関東には、高校(静岡学園)の先輩もたくさんいるので、対戦
できるようなところまでいきたい。

−榊 隆司(MF・1年)
 やっぱり嬉しい。インカレが目標だったんですけど、途中から自分
たちのチームは、勢いあるなと感じた。春リーグは点を取られたらダメ
だったけど、秋はそれをひっくり返せるだけの勢いがあったと思う。

−岩橋亮太(主務・4年)
 正直リーグ前まで、いい仕上がりではなかった。みんなが高い意識を
もって、試合をしてくれたので、結果を出すことができました。
優勝できて夢のよう。主務として頑張ってきて、ホント報われたと
思います。


posted by yasuyo KANIE at 00:46| 2001年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。