2006年02月04日

第1節 選手コメント

第12回関西学生サッカー春季リーグ 第1節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・佐伯雄亮(MF)
 (初スタメンで2アシストと勝利に貢献)正直、昨日の夜から緊張
してたんですけど、僕の突破でPKがとれて、自分のプレーができるように
なりました。ボールをもらったときの動きに迷いがなくなり、この春の
合宿で自分でも成長したと思う。右サイドハーフのポジション争いは
熾烈ですけど、いいスタートを切れたので、続けて力を発揮できるように
したい。

−Voice 奈良産業大学・馬場知之(DF・主将)
 前半はいけるかなと思う場面もあったけど、後半は後手後手にまわって
振り回されてしまった。流れの中でリズムをつかむことは難しいが、
セットプレーでのチャンスを確実に決められるようにしたい。1部は、
ボールへの寄せの速さ、精神力で差があるなと感じたが、全体の動きの
質と集中力をあげて、明日から気持ちを高めて頑張っていきたい。

−Voice 関西大学・永濱裕規(MF・主将)
 2点取ったときに、このまま行けると思ってしまった意識の問題が
引き分けという結果になった。高い授業料だったけど、その意 識付けの
大切さにみんなも気づくことができたと思う。今日はフィニッシュは
ともかく、そこまでの過程は良かったと思う。チャンスを作るいい形は
できていたので、心配はしていない。

−Voice 大阪商業大学・進藤 祐(GK・主将)
 とりあえず初戦なので、相手は意識せず、自分たちが練習でやってきた
ことを発揮できるようにという気持ちでゲームにのぞんだ。最初に
リズムを関大につかまれて先制されたけど、チームのムードメイカーでも
ある4回生の2人(宮原、永松)が点を取ってくれたので、みんな
頑張れたと思う。次は落ち着いてサッカーできるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 01:05| 第12回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。