2006年02月04日

第2節 選手コメント

第12回関西学生サッカー春季リーグ 第2節の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・林 正洋(DF・主将)
 ペナルティエリアの前で、ごちゃごちゃしてしまって、しっかり
相手とボールを見ることができていなかった。ミスもあって、きちんと
マークがつけていなく、崩されてしまった。いい状態で攻撃をする場面も
できているのだから、もっとDFが落ち着いて守れるようにしていきたい。

−Voice 近畿大学・下松 裕(DF・主将)
 桃山戦に比べると、攻撃の方はいいリズムでできるようになったけど、
決定的な場面を入れられなかった。負けなかっただけ、良かったという
内容になってしまった。連戦と暑さで集中力を保つことができなかった。
GK(花水)がキックに自信があるので、近江の速さを生かして、
相手の裏をつく攻撃を得点につなげられるようにできれば勝利につながると
思う。

−Voice 関西学院大学・橋本 卓(MF)
 芝が深かったのもあり、前半持ちすぎて後半はちょっとバテてた。
ボールを持ちなおしてから、いい態勢から前を向こうとして結果的に
相手に囲まれる場面が多くなってしまいました。もっと、判断を早くして、
シュートをうてる状況を作っていけるようにしたいです。

−Voice 同志社大学・土屋悠哉(MF・主将)
 今年は1戦1戦を大事に戦うチャレンジャー精神で、ボールを最後まで
追いかけて、勝ちにこだわるチーム作りをしてきた。ゲームの中では、
シュートまで行く積極性を出していきたいが、まだまだだと思う。
とにかく、1部リーグで勝てるチームにして、その喜びを下級生に伝えて
いきたい。


posted by yasuyo KANIE at 16:02| 第12回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。