2006年02月04日

第4節 スタッフ・選手コメント

第12回関西学生サッカー春季リーグ 第4節のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・斎藤 剛(FW)
 相手のGKが出てくるのがわかったので、ヘッドで落としたろうと
思ったのが成功した。これまでは前線でタメを作れず、(岸田)裕樹と
お互いが抜けにくくなっていたけど、(天野)幹也が入っていい形が
できるようになった。ここ2試合は、4回生が僕1人しかいなくて、
気を使ってしまうってゆうかやりづらかった。そういうキャラじゃないんで、
しんどかったですね(笑)。

−Voice 近畿大学・井村泰明コーチ
 チームが若いから、先手を取らないと厳しい。前半の決めるところで
決めておかなくては。押し込まれる時間帯を耐えられればいいけど、
プレーが中途半端になってしまった。いいサッカーをしていても勝って
いない事が自信のなさにつながっている。1回勝てれば変わるんです
けどね。

−Voice 関西大学・前田雅文(FW)
 前半はなかなか前にボールが出なかったけど、来た時には常に得点を
狙えるようにプレーした。グラウンド状態は関係なく、いつもやってる
ことをやろうと思った。U-19のトレーニングキャンプでは、自分の力を
すべて出して頑張って来たい。チームに戻ったときにはまた全力を
尽くせるようにします。

−Voice 大阪体育大学・中野尊志監督
 積極的に前半から行かせたら、後半ちょっとペースが落ちてしまい
ましたね。グラウンド状態が良ければ、FWが抜けた時に得点できていた
場面があった。ピンポイントで交代の選手の特徴を生かせるように
入れましたが、本当に良く頑張って得点してくれた。褒めてやりたいです。
今年の4回生はサッカーに対する意識も高いので、この学年で形になる
結果を残していきたい。


posted by yasuyo KANIE at 16:21| 第12回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。