2006年02月05日

第6節第1日 監督・選手コメント

第12回関西学生サッカー春季リーグ 第6節第1日の監督・選手コメントです。
−Voice 近畿大学・木藤健太(MF)
 両サイドから崩す形を作ろうということで、壽ともだいぶ合うようになって
きて、3点めは練習していたイメージ通りです。今日は下松がCBに入った
こともあって、落ち着いてプレーできた。昨日の敗戦の後のミーティングで、
不満はあるけどそれは忘れて切り替えようと雰囲気は悪くなかった。
今日の勝ちは大きいです。

−Voice 奈良産業大学・西田裕之監督
 2点めは素晴らしかったんだけど、リードすると引いてしまっていたね。
引いているときに、出ていって勝負する勇気が足りない。先制した形をもっと
前半に徹底してやって欲しかった。つなごうとしておそくなってしまって、
リズムが作れていない部分があった。守る集中力があるときはいいけど、
押されているときに流れの中でどう変えていくかが課題。


posted by yasuyo KANIE at 23:08| 第12回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。