2006年02月05日

第6節第2日 監督・選手コメント

第12回関西学生サッカー春季リーグ 第6節第2日の監督・選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・中野尊志監督
 1本でやられてしまいましたね。今日は勝つつもりで、高さよりも
運動量、前で走れる選手を使っていったが、中盤の運動量が落ちて
しまった。そういう頑張るところで頑張っていかないと厳しいです。
こういった接戦でしぶとく勝てるようなチームにしていきたい。

−Voice 同志社大学・増田 翔(MF)
 今年は黒河が守備が出来るので、僕がどんどん前に出てはたいて
リズムを作っていっています。今日はグラウンドが悪かったけど攻守の
切り替えがうまくいった。相手の10番(下村)を黒河が遅らせて、
その間に僕が戻ると決めてあって、決定的な仕事はさせなかったと思う。

−Voice 関西学院大学・山田憲司(DF・ゲームキャプテン)
 どのポジションでも数的優位を作られてしまい、こぼれ球を全然拾えて
いなかった。自分たちの攻撃の形が作れずに、冷静さが保てなかったし、
個人で打開しようとしすぎた。中途半端につなごうとして失点し、
取られ方が悪すぎた。今日は、悪くても引き分けに持っていかなきゃダメ。
負けたら次につながらない。

−Voice 立命館大学・関 雅至(FW)
 渋谷くんは、バースデーゴールなんですよ(笑)。今日は、僕もチームに
徹したし、みんなもすごく良かったと思う。得点もみんなの気持ちが
つながって取れました。ここで負けたら2部降格もあるかもと思ったし、
全員が声も良く出ていて、負ける気はしなかったです。


posted by yasuyo KANIE at 23:10| 第12回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。