2006年02月05日

第7節 選手コメント

第12回関西学生サッカー春季リーグ 第7節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・春川 誠(DF)
 セットプレーからの失点が多く、プレーが止まった時にもっと集中
しなくてはダメだと思う。立ちあがりから攻められっぱなしでラインを
押し上げられていないので、フィードがつながらないし、セカンドボールを
拾えずに苦しくなってしまった。ボランチに一度ボールを当てて、
そこからスペースを生かして展開する形を作れるようにしていかないと。

−Voice 阪南大学・梁 勇基(MF)
 (竹村)伸が守備的にやってくれるので、僕は攻撃に力を入れらた。
関学は3−5−2のワンボランチなので、相手のオフェンシブより前で
プレーすれば、フリーでもって行けると思った。まだまだ、つないで
フィニッシュへ持っていける場面を多くしていきたい。FKは、実は上を
狙ってたんですけど、ダフってしまいました。うまく入って良かった
です(笑)。

−Voice 関西大学・永濱裕規(MF・主将)
 今日はうちのいいところをまったく出せなかった。相手につかれて
それを振り切れなかった。シュートまで行く過程をいい状態でもって
行けず、丁寧につないでサッカーをすることができなかった。自分たちの
ベストを尽くすことが、勝ちという結果を生み出せるので、切り替えて
次の試合を頑張ります。

−Voice 立命館大学・鎌田純一郎(GK)
 最初の10分を押さえてリズムに乗っていきたかったんですけど、
入った時にボケてしまい、簡単にやればいいところで失点につながって
しまいました。この後の2試合は快勝して少しでも順位を上げたい。
失点しないように、後ろから盛りたてれば、みんなは期待に応えてくれると
思う。とにかく、僕は前の選手を信じて止めるだけです。


posted by yasuyo KANIE at 23:12| 第12回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。