2006年02月05日

第8節第1日 選手コメント

第12回関西学生サッカー春季リーグ 第8節第1日の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・橋本 卓(MF)
 2列めから上がってきたところで、相手がつききれていなかったので、
ゴールは狙いどおりに決まりました。お互いが中盤のプレスが甘かった
から、特に後半はボールを持てたし、自分のリズムで行けた。中盤で
パスを速くして積極的に行こうということだったんですけど、先制されて
しまったことから焦りが出て、みんな確実に打とうとしすぎて得点
できなかった。

−Voice 大阪商業大学・金澤崇文(DF)
 大量失点するゲームが続いていたので、今日はとにかく全員で守ると
いう意識が徹底できたと思う。最後にカウンターをくらった時は、
DFが一人上がっていたところをつかれてしまった。そのスペースを
埋められるようにしていかなくてはだめだと思う。アシストは、
あそこに人がいてくれてラッキーでした(笑)。

−Voice 関西大学・宮津広記(MF)
 自分としてはテンションも高かったし、イメージ通りのプレーはできた。
今日は関大が調子よくやれれば、負ける相手じゃない。リズムのいい攻撃は
できていたが、阪南が横につないで、速さを使って仕掛けてきたとき、
自分がFWを見にいくことで中盤が空いてしまう結果になり、先手を
取られてしまった。最後は攻められて苦しかったけど、(池戸)啓造さんに
助けられました。

−Voice 阪南大学・松浦宏治(FW)
 あそこでもう1点取れていたら、流れは変わったでしょうね。あと一歩が
踏み出せなくて、ゴールを決められなかった。得点は、ドリブルしていたら
コースが見えたので、イメージ通りに決まりました。でも、負けたら
一緒です。リーグではサイドでも出場しているけど、やはりゴールにより
近い位置でプレーして結果を残したい。


posted by yasuyo KANIE at 23:15| 第12回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。