2006年02月05日

第8節第2日 選手コメント

第12回関西学生サッカー春季リーグ 第8節第2日の選手コメントです。
−Voice 同志社大学・小野田光(MF)
 今日こそは勝たなくてはという気持ちが強くなりすぎて、前半は
空回りしてしまったような感じになっていた。後半の早い時間に1点
とれたことで、相手以上に自分たちが行こうというムードが作れました。
得失点差が悪かったので、点を取りに行けたのは良かったんですけど、
最後の失点は余計です。あそこで守りきれないところは、自分たちの
甘さや弱さだと思う。

−Voice 奈良産業大学・馬場知之(DF・主将)
 前半は作戦どおりに守れていたので、スピードで行かれて失点したのが
悔やまれます。こちらもチャンスはあったけど、フィニッシュが甘かったし、
もっと中盤で人数をかけて攻められるようにしなくてはと思う。絶対に
0点では終わりたくなかった気持ちが、ロスタイムの得点につながった。
これで自動降格が決定してしまいましたが、1部では今まで考えられ
なかったようなことをいろいろ経験できたし、得たものは大きかった。
1部リーグで勝つことがこれからの大きな自信になると思うので、最後の
試合も自分たちの全力を出して戦います。

−Voice 阪南大学・深谷友基(DF)
 負けると桃山の優勝が決まるという状況は特に意識せず、普段どおりの
サッカーをしていたと思う。中盤がどんどんプレッシャーをかけて頑張って
くれていたので、守備はしやすかった。後半の途中から、DFラインが
下がってしまい、守りに入ってしまった感じになり、中盤までずるずると
下がる形で攻めこまれたけれど、今日は苦しい時間帯もみんなの声が
途切れませんでした。あと一つ、最後にきっちり勝って優勝を決めたいです。

−Voice 桃山学院大学・後藤一利(MF)
 今日は残念の一言です。いつもここで決まるっていうときに、普段の
自分たちの力が出せない。僕と福永のバランスが悪く、もっとサイドに
出して、縦に切らせていくようにさせなければいけなかった。前半の途中
くらいから、自分たちのペースをつかめていたら、もっと違った結果に
なったと思う。優勝は難しくなったけど、切り替えて少しでも順位を
上げられるように頑張ります。


posted by yasuyo KANIE at 23:17| 第12回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。