2006年02月07日

1回戦 選手コメント

第31回関西学生サッカー選手権大会 1回戦の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・林 正洋(DF・主将)
 自分たちのやりたいことが、全然できていなかった。そうなってしまう
のは気持ちの部分が大きく、みんなどこかに相手は2部だからっていう
意識があったんじゃないか。ラインが下がったときに中盤がうまく使えずに、
攻撃の形が作れてない。いろいろな課題がわかったので、秋にはそれを
克服できるようみんなで取り組みます。

−Voice 大阪学院大学・佐々木勇人(MF)
 2点めのシュートのような形は普段から狙っています。いい時間に
取れたし、嬉しかったですね。去年までは、後半になるとチーム全体が
スタミナ切れになってしまっていたけれど、体力トレーニングを積んで、
今年は最後まで集中も切れない試合ができるようになった。1部リーグは、
すべてにおいてレベルが上だと考えていたが、対戦してそんなに差はないん
じゃないかと思った。力を100%出せたし、自信を持って次の試合に
臨めます。

−Voice 関西学院大学・古河裕次(FW・主将)
 勝ったけれども、自分としてもチームとしても出来には納得していない。
相手をなめてるわけではないけど、立ちあがりに支配される時間があったし、
セットプレーでの集中力は課題が残ります。1点めを早くとれたことと、
後半に3点めがいい形で入ったので、ムードも良くなった。決定機を確実に
決められていれば、もう少し楽な展開になっていたと思う。フィニッシュの
正確性を上げられるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 08:12| 第31回関西学生サッカー選手権大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。