2006年02月07日

2回戦 選手コメント

第31回関西学生サッカー選手権大会 2回戦の選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・三好毅典(GK・主将)
 立ちあがりに得点できたけど、セットプレーから失点してもう一度
やりなおそうという時に、相手のペースになってしまった。後半は
3トップにして、前にボールを置く回数は増えたけど、個人個人の局面で
負けていました。秋は1からスタートするつもりで、どこが相手でも全力を
尽くして、勝つためのサッカーをやれるように頑張りたい。

−Voice 関西学院大学・天野幹也(FW)
 得点したのはリーグの桃山戦以来なので、ホッとしました。パスが
良かったから、どれも決めて当然のゴールです。久しぶりにヘディングでも
入れられて、得点に対する感覚が戻ってきたように感じる。先制されたけど、
早い時間に取り返せたし、何より10人になって追加点を入れることが
できたのが大きいと思う。

−Voice 関西大学・永濱裕規(MF・主将)
 トーナメントはあとがないから、いつも以上に最後まで集中しようと
心掛けていた。1点めはファーが空いているのがわかってたので、その
コースへイメージどおりに決まった。今日は手間をかけずにゴールへと
ボールを運べたけど、それはみんなが感じてないと出来ないプレーだったと
思う。桃山にはリーグでは負けたけど、次は勝って実力どおりの結果と
言わせたい。

−Voice 近畿大学・下松 裕(DF・主将)
 ミスから失点を招いてしまったし、あんな簡単に1本のパスでやられて
いては、勝てないです。攻撃の方も、いつもボールを回しても、シュートへと
持っていく形が少ない。シュートを打たなくてはチャンスにもならないので、
その積極性を出していかないと。課題ははっきりしたので、長い夏の間に
取り組んでいくしかない。


posted by yasuyo KANIE at 08:14| 第31回関西学生サッカー選手権大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。