2006年02月10日

1−2部入替戦第1戦 選手コメント

第12回関西学生サッカー春季リーグ 1−2部入替戦第1戦の選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・古田泰士(GK)
 ボールはつないでいたし、悪い試合ではなかったと思う。だけど、
攻めこまれたときに、もっと大きくクリアしていかないと、しんどいDFに
なってしまう。簡単なパスミスでピンチを招いていたので、その点を
修正できれば、大丈夫。いい形で攻めることが出来ていた今日のプレーを、
来週は持続できるようにすれば勝てる。

−Voice 京都産業大学・吉田智隆(GK)
 立ち上がりしょうもない失点をしてしまったけど、立ち直って引き分けに
できて次につながりました。最初はみんな堅かったというか、気負いすぎて
しまったが、後半にはいいプレーができるようになった。自分としては
1対1になっても我慢して落ちついて止めることが出来ていたと思う。
味方が入れられなかったのは悔しいですが、次は点を取れることを信じて
います。

−Voice 大阪商業大学・田上 渉(MF)
 アシストのセンタリングは狙いどおりに蹴れたし、後半は行けるかなと
思ったんですが、商大は押していて入れられるっていうの、いつもですよね。
相手は引いていたし、攻めやすくてパスは回ったけど、シュートになる形は
少なかった。来週は初めから慌てずにつないでいければ、先に2点を
取ることができると思う。

−Voice 甲南大学・松下進也(DF)
 CKからのボールに合ってなかったけれど、ニアに突っ込んだら
届きました。前半は風があったので、向こうが蹴ったボールがGKの
ところで止まる感じになったが、後半には右サイドをスピードで行かれる
場面を多く作られて、苦しくなった。勝ったけれども、来週も厳しい
試合になると思う。勢いに負けないで、先制できるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 14:11| 第12回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。