2006年02月12日

CHAMPION'S CUP2002 選手コメント

第21回関東・関西大学サッカーCHAMPION'S CUP2002の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・岸田裕樹(FW)
 裏のスペースはいつも狙っています。(先取点のときは)相手DFが
ゴールを向いていて僕が見えていなかったので、突っ込んで行こうと思い、
うまくゴールにつながりました。攻められる場面も多かったから前の
選手は運動量が要求されたけど、中盤の選手が少ない分、3トップが守備も
頑張らなくてはならないことはFWの僕らもわかってるし、うまく3人で
バランスを取れたと思う。

−Voice 関西学院大学・山口陽平(DF)
 国士舘はうまいし、始めのうちは体力もあったから、支配されてキツかった。
でも、こちらがいい時間に得点できたので、守備でやることは限定されて
きたのと、前でFWの人が頑張ってくれたので守りきれたと思う。
自分個人としては、去年の試合の方が出来は良かったと思う。でも、自分が
周りを動かせるようになってきたので、プレーはしやすくなった。


posted by yasuyo KANIE at 14:43| CHAMPION'S CUP2002 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。