2006年02月12日

2回戦 選手コメント

第26回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント2回戦の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・山田憲司(DF・ゲームキャプテン)
 試合への入り方が前半も後半も悪すぎる。もっと集中力を高めないとダメ。
ロングボールのこぼれを拾えずリズムが作れないのは、セカンドボールに対する
甘さがあったけど、(競りにいった)1枚めで勝てなさすぎた。向こうが前線に
人数を残していたので、DFのバランスも悪かった。クリアした時も、前線
までのボールの運び方、個人の判断の速さに差があった。3トップの良さも
悪さもこの大会でわかったから、秋リーグまでに課題を改善するだけです。

−Voice 関西学院大学・玉置士朗(MF)
 中盤を飛ばして上げられて、簡単に落とされてシュートを打つという相手の
パターンにはまってしまい、こっちも中盤で流れを掴めなかった。1−2に
なったとき行けると思ったけど、すぐに後半に入れられて、後半には得点
できた時のような波を作れなかったし、4点めを入れられて、集中が切れた
ようになったところがある。これから合宿で問題点を修正して、秋リーグに
つなげられるようにしたい。

−Voice 関西学院大学・山口陽平(DF)
 1−2までは良かったと思うんです。向こうはプレスが速いし、DFラインを
上げようと言っていたけど、それができずに間延びした形になってしまった。
同じにスタートしたら負けないと思うんだど、駒澤の方が動き出しが速く、
その球出しの速さにやられていた。3点めを取られた後にふんばれなかったので、
みんな諦めたわけではないけど、勢いが消えてしまった。去年のインカレの
方が自分としてもチームとしても、何もできずに負けたと思う。今年は通用する
部分もあったが、問題点も見えたという感じです。

−Voice 駒澤大学・中田洋介(MF)
 裏から飛び出すのは得意なので、常に意識してプレーしています。あそこへ
走れば来ると信じて動いていますが、うまくゴールを決められました。だけど、
サイドからのセンタリングがゴールにつながっていないので、もっと精度を
高めなくてはダメだと思う。僕たちサイドハーフが高い位置にいれば、相手は
下がらなくてはいけないので、それは意識してプレーしていた。嫌な時間帯に
失点してしまったけど、ハーフタイムに気持ちを切り替えて、後半は駒澤の
思うようにうまく試合が進められた。

−Voice 国士舘大学・久島寿樹(MF・主将)
 うちはスロースターターなところがあるのですが、今日は早い時間に得点が
できました。追加点が取れればよかったけれど、大量点をとるチームじゃないし、
徐々に良くなってきているから2点めがとれなかったのは、そう問題には
していない。後半に入り、向こうは負けているから積極的に来るのは予想できた
ので、押される部分もあったけど、DFも安定してきたし、最後まで集中して
試合をすることができたから、悪くはない試合だったと思う。

−Voice 日本大学・山崎 渡(MF・主将)
 決定力のなさは、課題です。1回戦でも取れるべきところで決められない
場面が多く、そこで取れないことが、トーナメントでもリーグでも上に
上がれない原因だと思う。関東のリーグ戦ではずっと4バックだったけれど、
この大会では3バックでやっています。今日は石井もよくカバーに入っていたし、
守備面では思っていたことはほぼできていたと思う。去年、ベスト8どまり
だったので、今年はもう一つ上に行きたかった。


posted by yasuyo KANIE at 14:55| 第26回総理大臣杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。