2006年02月12日

準決勝 選手コメント

第26回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント準決勝の選手コメントです。
−Voice 駒澤大学・中後雅喜(MF)
 先制点のアシストは、(橋本)早十さんからボールがきたとき、深井さんと
DFが見えたので、うまく狙いどおりに出せました。相手も伊達にここまで
勝ちあがっていないし、巻さんの落としたセカンドボールを思うように拾えない
のは、疲れもあったと思う。PKを与えてしまい、自分たちのやることを
やりなおせばいけると確信していたが、流れは良くなかった。僕はあんまり
体力に自信はないけど、他のチームよりは走れると思うし、そこで諦めたら
負けてしまう。増富さんや深井さんもいい形で打っていたから、誰かが必ず
入れてくれると信じていたので、焦りはありませんでした。

−Voice 高知大学・中尾 拓(DF・主将)
 流れとしては全体に悪くなかった。大会に入ってFWが調子よく得点してた
ので、先制されたけど守っていたら取ってくれるという気持ちはありました。
全国大会だとつないで作るのはなかなかできない。少しDFに落として、
2、3本のパスで崩すという形を大事にしてきた。左右のサイドで拾えている
時は流れができていたから、思いきって前に行こう、サイドは自由にやらそうと
いうのがはまったと思う。後半途中で流れが悪くなった時、小さくなって
しまったし、3試合を通してスタミナ不足はやはり課題です。でも、自分たちの
スタイルで勝負できたので、それをチームでこれから高めていきたい。
地域選抜で対戦してるので、深井くんの特徴はわかっていてもやっぱり
速かった。あと、見てるところがうまいと思った。だけど試合をやっていて
楽しかったです。

−Voice 国士舘大学・久島寿樹(MF・主将)
 前半は調子が悪かったけど、焦りはなかった。ハーフタイムに、ボールを
持つところを考えろと指示があり、後半には中盤でタメを作れるようになった
けれど、本当は初めっからそういう風にやらないといけない。2点めは、
朝日からのパスがすごくいいところにきたので、狙って決めることができた。
いい時間に取れて、流れを引き寄せられたと思う。3点めのアシストは、
難しいパスになってしまったけど、蒲原がよく入れてくれました。FWはいい
選手が揃っているから、誰が出ても遜色はありません。駒澤には苦手意識は
ないけど、勝ててない。決勝は普通以上の力を出せれば勝てると思う。

−Voice 国士舘大学・鈴木弘大(FW)
 走ってかきまわせと指示されて、入った。先制点は、決めることだけを
考えてうちました。あのゴールで、チームがいい感じになれたのなら、いいなと
思います。山崎とは何度か組んだことがありますけど、蒲原とは初めて一緒に
やりました。でもみんなうまいから、やっていて楽しいし、後半はその楽しい
プレーが結構できた。

−Voice 関西大学・永濱裕規(MF・主将)
 先取点を取れれば、プレーに余裕も幅も持てたけど、ミスでの精神的な
部分が積み重なってしまい、相手にボールがかたよるようになっていった。
2失点めはダメージも大きかったし、取られた後のビッグチャンスを
決められず、その後すぐに3点めを失ったのが痛かった。深い位置でボールを
取って、そこからつなげられればよかったけど、うちの悪いパターンで
DFラインとの幅が広くなり、左右のバランスが崩れ、孤立する場面が多かった。
そのあらわになった悪い部分から試合中に立ち直れないで、終わってしまった。
組織作りも含めて、いい部分も合わせてもっと成長できるようにしてリーグに
つなげていきたい。

−Voice 関西大学・池戸啓造(GK)
 学芸大戦でも、先制されたのを追いついたので、不安はなかった。でも
2点めをとられるのが速すぎたと思う。最初の失点は、自分のミスもあったし、
切りかえるために声を出していったけど、2点めでみんなが弱気になって
しまい、気持ちを切り替えられていないところがあった。マイボールでつないで
いきたいけど、後手になってボールを取れてもつながらず、運動量が落ちて
セカンドボールも拾えていなかった。僕は3−0になってもとってくれることを
期待していたけど、DFが弱気になると失点してしまう。そういう失点した後の
雰囲気の悪さに対して不安を感じることがあります。リードされた時に、
気持ちの整理ができるか、立て続けに取られた時にふんばっていけるかどうかが、
全国で勝っていけるチームになるために必要な部分だと思う。


posted by yasuyo KANIE at 14:56| 第26回総理大臣杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。