2006年02月12日

決勝 選手コメント

第26回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント決勝の選手コメントです。
−Voice 国士舘大学・久島寿樹(MF・主将)
 今日は完敗ですね。前半は勝っていたので油断が出たというか、後半の
立ちあがりに気の緩みが出てやられてしまった。自分の出来としては初めての
ポジションだったし、調子がよかったわけではないけど、前半は攻撃的に
やれた。1点めのゴールは、たまたまうまく入りました。得点は取れているし、
駒澤に対して苦手意識はないのだけど、失点してしまう守備力が課題だと思う。
とりあえずゆっくり休んで、リフレッシュして後期リーグにつなげたい。

−Voice 駒澤大学・深井正樹(FW)
 日程がきつくて、精神的、肉体的にも疲労があったが、優勝してつらさを
すべて忘れることが出来た。前半はうちらしいサッカーが出来ておらず、
苦しい時間帯に相手にペースを握られ、得点を決められてしまった。
ハーフタイムに監督から檄をとばされ、シンプルに両サイドを使って
やりなおそうという意識で後半はやれた。あと、去年は決勝で負けているので
勝ちたい気持ちは強くありました。大会を通じて得点を取れたし、要所で
仕事は出来たと思う。ただ、やはり疲れがあったために決められなかった
部分もあり、それはこれからの課題です。

−Voice 駒澤大学・中田洋介(MF)
 試合の立ちあがりの集中力がなくて、気をつけようと言っていたところで
取られてしまった。国士舘がサイドを使ってきていてたので、前半は
下がらざるをえなくなっていた。負けている時に守備的にいっても勝てないし、
後半はリスクをしょっても点を取りに行こう、(橋本)早十と二人でもう
ちょっと攻撃的にやろうとした。追いつけるとは思っていたので、焦る
気持ちはありませんでした。相手もバテていて、プレッシャーが甘くなって
きていたので、ゴールは狙っていた形だったし、うまく落ち着いて
決められました。前期リーグは1位で折り返すことが出来たけれど、チームの
力の差はあまりないと思う。後期も1戦1戦大事に戦っていきたい。


posted by yasuyo KANIE at 14:57| 第26回総理大臣杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。