2006年02月12日

第1節第1日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第1節第1日の選手コメントです。
−Voice 阪南大学・末吉祐太(FW・ゲームキャプテン)
 ベストメンバーではないけれど、チャンスをもらえて頑張れた選手も
多いし、試合間隔が近いのでチーム力で勝てるようにしたい。
今日は早い時間に得点できたけど、攻め疲れて前の選手がバテてしまって、
フィニッシュがうまくいかなかった。早い時間帯から速いプレスと、前からの
ディフェンスを90分間通してできないと、関西では勝てても全国では
通用しないから、もっとその意識を徹底していかなくてはダメだと思う。

−Voice 阪南大学・梁 勇基(MF)
 点は取れたが、疲れてしまってダメだった。ゆっくりボールを回して、
休める時間が取れればよかったけど、ゲームの中でそういうコントロールが
できなかった。3点取れたのですが、いい攻撃ではなかった。もっと回して
中から崩して単調にならないよう工夫しなくてはいけないと思う。

−Voice 京都産業大学・山口栄也(FW)
 自分たちの力不足を感じた。判断とパスのスピードが阪南が上回っていたし、
向こうは点の取り方を知ってるなと思った。うちは局面で精一杯で、ある程度
前まで行けても、シュートへもっていけずに崩せなかった。だけど、去年に
比べたら自分のプレーに余裕が出てきたと思うし、やりたいことをやろうと
いう心がけで試合に臨めるようになった。次の立命館は京都選手権で勝ってるし、
勝ち点を取って勢いに乗れるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 23:49| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。