2006年02月12日

第1節第2日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第1節第2日の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・林 正洋(DF・主将)
 前半は前線でボールに落ち着きがないというか、ボールの競り合いで負けて
いて、つなぐ部分で今までのことができていなかった。3点取られていたから、
早く1点が取りたかったので、それが攻め急ぐ感じになり、ボールをキープ
できるようになったけど、結局攻め切れなかった。僕もチャンスをはずして
いるし、前半に1点取れていれば流れは変わったと思う。

−Voice 同志社大学・村上 治(DF・ゲームキャプテン)
 初戦が一番大事なので、今日の勝利は大きい。今までは、チームの
守備意識が低かった。夏の間にまずDFをしてから攻撃をという 意識を
徹底してきて、それをベースにやれたと思う。春に比べると運動量が多いのが
心配だが、今日無失点でやれたことは自信になった。攻撃も、FWだけでなく
僕たちDFも積極的にみんなで狙っていきました。

−Voice 近畿大学・下松 裕(DF・主将)
 後半、リズムを作られる場面があったけど、守りきれてよかった。
春リーグは得点した直後に失点することが多かったので、チームの全員が
精神面でしっかりやれれば変わると思い、その意識をもって練習してきた。
サイドバックが攻撃も守備も起点になると思うので、僕や阿部が攻めた後にも
すぐにDFに戻ることを徹底してきたし、それに対するコーチングも
できていた。次は関大が相手になるけど、今日の関学にやれたように、
強い相手に集中して戦っていきたい。

−Voice 関西学院大学・山田憲司(DF・ゲームキャプテン)
 前線でキープできなかったから、こぼれ球を向こうに拾われていたし、
中盤でプレッシャーをかけることができていなかったので、DFも前に
いけなかった。守備の意識がチームに足りなかったし、ゲームの入り方に
問題があったと思う。そんなに簡単にリーグを勝っていけるわけはないと
僕は思っていましたが、こうやって負けてしまい、かなりみんなも危機感を
感じていると思う。次のゲームを落とさないように、しっかりやって
いきたい。


posted by yasuyo KANIE at 23:50| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。