2006年02月12日

第3節 監督・選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第3節の監督・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・天野幹也(FW)
 先制することができたけど、流れの中で取れていないので、
ハーフタイムに、流れから得点できるように行こうと話した。いい形も
あったけど、決め切れなくて、3点めが取れなかった。結局のところ、
気持ちが抜けてるっていうか、ゲームの中で一人でもそういう選手がいたら
ダメだと思うし、僕を含めてみんなどこかにそういう部分があるん
じゃないか。切り替えて、次こそは気持ちで勝つ。

−Voice 関西学院大学・山口陽平(DF)
 ちょっとした集中力のなさが、失点につながってしまった。全体に守備で
いいペースが作れていないから、いい形で攻撃に入れない。みんなやる力は
あるから、気持ちが甘いんだと思う。勝ちがない分、安心できないし、
チームは良くなっては来ているけど、全体に乗り切れていない。
気を緩めずに次は勝ちたい。

−Voice 立命館大学・林 正洋(DF・主将)
 決定的に作られたわけじゃなく、一瞬の気の緩みでいかれてしまったから、
もったいない試合だと思う。もっと集中が続いていれば、勝てたゲーム。
僕ももっとそれをしっかりゲームの中で言わなければダメだった。
でも、ミスで取られた点を、チーム全体で取り返せたことは、次に
つながると思う。

−Voice 立命館大学・関 雅至(MF)
 1点めは当たったら入ると思ったけど、まぐれっていうか上手すぎですね。
でも、後半は攻撃でもミスが出て、決めるところで決められていない。
勝っとかなダメな試合だった。僕は、関学はやりやすい。はまるっていうか、
よく動けます。

−Voice 関西大学・永濱裕規(MF・主将)
 前半、うまく粘り強く耐えていたし、いい形で先制することができた。
アクシデントのような形でオウンゴールとなったけど、1対1のビッグ
チャンスを外したすぐ後に決められてしまった。拮抗した試合で、決定的な
チャンスを外した後、気落ちじゃないけど集中力が欠けていた。負け先行に
なって流れは悪いけど、まだまだこれからだとおもう。次の試合までの
1週間はいい流れをつかむための期間にしていく。

−Voice 関西大学・榊 隆司(MF)
 今日は攻めきれず、守りきれずという感じで、攻撃は攻め切ったという形を
作れていない。最近は、前からのディフェンスという意識が足りないから、
来節に向けてそれをテーマに練習したい。ここ3試合は、僕らが受け手に
なってしまっている。もっとこちらからどんどん気持ちで行くように
しなくては、ダメだと思う。

−Voice 同志社大学・酒井常雄監督
 勝てているけど、接戦なので上に行くには油断はできない。とにかく点の
取られ方のまずさを徹底して注意してきたので、攻撃は少し消極的になってる
部分もある。両サイドの橋爪、深澤がフィットして攻撃の基点となっている。
出てる1回生はみな、活躍しているし、選手たちの伸びしろがはっきりして
きたかな。


posted by yasuyo KANIE at 23:51| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。