2006年02月12日

第4節第1日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第4節第1日の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・古河裕次(FW・主将)
 勝ちをひとつ取るのが、こんなにしんどいこととは思わなかった。今日の
試合は運もあったけど、チームが一丸となって勝利することができたから、
苦しんだ分の価値があると思う。僕自身は、短い時間しか出場していないけど、
一人少ない中でよく頑張ってくれた仲間に感謝したい。

−Voice 関西学院大学・水田泰広(GK)
 今までの3試合で5点取られていて、内容も悪かったので、今日は負けたら
自分の次(の出場機会)はないっていうつもりで臨んだ。自分もミスは
あったけど、勝てたのでよかった。10人になってから、点を取れたので、
プラスになるかな。PKは、キッカーが僕が動くのを待ちながら助走して
いたので、ぎりぎりまで待って飛んだ。蹴った瞬間止められるかなと
思いました。

−Voice 京都産業大学・荒井雄平(DF・主将)
 勝てる試合だったのに、相手が10人だったのに、走り負けていたし、
入れるところで入れられなくて、決定力のなさがでてしまった。相手は
こちらのミスをしっかりと決めてきたけど、こっちは向こうのミスで
決められない。その判断の遅さが目立ってしまった。次の商大にはどうしても
勝たないと。残留のためにまず1勝をしたい。


posted by yasuyo KANIE at 23:57| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。