2006年02月12日

第4節第2日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第4節第2日の選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・脇真太郎(MF・主将)
 気持ちを前面に出せと言われ、前半はそれをプレーで表現できていた。
リードしているから気持ちに余裕を持ってはダメだとハーフタイムに指示が
あったが、2点ともミスから失点してしまった。こちらも決めるところで
決められていればと思う。連敗してしまったが、内容は良くなっている。
気持ちも入っているし、あとは結果につなげられるようにするだけです。

−Voice 同志社大学・黒河 勉(MF)
 前半は今までの試合運びではなく、集中できていなかった。ハーフタイムに
カツをいれてもらって、後半は自分たちのサッカーができた。2点めは一応
狙っていました。うーん、思いどおりに決められたかな(笑)。行ける時に
点を取っていこうというのが、いい形で出ていると思う。ダブルボランチは、
2人でバランスをとって前にいる方が出て行くことになっていて、今日は僕が
前で仕事することが多かった。これからももっと点に絡む仕事がしたいし、
DF面でもボールを取るところで厳しく行けるようがんばりたい。

−Voice 阪南大学・南 明宏(DF)
 立ち上がりはどっちが勝ってもおかしくなかったけど、そこを
耐えられたのが良かったと思う。ボランチと4枚のDFでできるだけ、
ボールを通されないよう、意識してやっているが、今日はいつもより
うまくやれてた。近大、同大と好調の相手が続くので、ここで頑張って
落とさないようにしなくてはと気合も入った。FKは、僕の前に梁が蹴る
ふりをしたとき、GKがニアに動いたので逆を狙った。ノーバウンドで
決めたかったんですけど、入ったからいいです。

−Voice 近畿大学・木藤健太(MF)
 阪南は細かい基本的なミスがないし、勝負強さを感じた。こっちは相手が
前に来たことで躊躇してしまい、押されて自分たちのペースで守れなかった。
近大のいいところを研究されていて消されてしまった。先を考えた
リーグでの戦い方というのを、自分たちができていないなと思う。
チーム的な課題がいろいろとわかったので、それを修正していく。あの得点は
とにかく、梁にやられたくなかった。あと、1点取れて3−1になれば、
そこからまたいけるようになると思い、早くゴールを決めたかったけど、
その後のリスク管理がチームとしてできなかった。


posted by yasuyo KANIE at 23:58| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。