2006年02月12日

第5節第1日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第5節第1日の選手コメントです。
−Voice 近畿大学・石橋清一(MF)
 右サイドでタメを作って、FWを使っていこう、逆サイドへ展開して
いこうという意識で、前半は思うようにやれた。後半は10人になってしまい、
チームとしてどう戦うかが明確にできていなかった。近大は後半に弱いので、
そこがなんとかなればもっと良くなるんじゃないか。自分としては、もっと
得点を取りたいです。今日は点に絡めたけど、シュートを打てていない。
横パスでリズムを作っていこうとチームのことを考えすぎて、消極的になって
しまった。FW以外のオフェンシブの選手がもっと得点できないとチームは
のってこないから、狙っていきたい。

−Voice 大阪学院大学・三好毅典(GK・主将)
 相手がゆっくり展開してきて、それに合わせさせられてしまい、自分たちの
ペースでやれていなかった。でも前半も完全に押されていたわけじゃないし、
後半は点を取りにいこうと話した。DFが100%修正点を改善できたわけ
じゃなくて失点したけど、下を向かずに前に行って3点取れた。
決定力の面で問題はあるけど、攻撃は思っていたよりも結果が出ている。
DFは課題があると思うが、まだ巻き返しはきくと思う

−Voice 関西大学・池戸啓造(GK)
 声を出して盛り上げていこうとしてるけど、結果がついてこない。こんな
風に結果が出ないのは味わったことがないので、みんな悩んでいる。うちの
時間帯に点を入れられないし、10人になってしまったのがきつかった。
どちらのチームも勝ちが欲しかったので、最後は気持ち負けするなと
タカ(西孝幸)とも言っていたんですけど、点を取られて下を向いてしまった。
まだ5分もあるんだし、1つのミスに切れてしまう雰囲気の悪さを変えたくて、
後ろから声を出したけど届かずに結果にならなかった。次は何が何でも点を
とって守りきる。それしかない。

−Voice 関西学院大学・古家昭二(MF)
 得点は、GKの位置が見えていたので、しっかり狙って蹴った。ここ最近は、
守備がしっかりしてきてるんで、多く攻めることができているし、カウンターを
喰らっても落ち着いて対処できるようになってきた。ダブルボランチで、
(鈴木)崇徳さんがいると安心して、僕が攻めに前に出て行ける。それが得点に
つながったと思う。でも、2人になると仕事を任せてしまうので、僕がもっと
運動量を増やして、しっかりしたボランチ2人になれるようにしたい。
両チームともリーグで上手くいっていないので、夏のときほどハイレベルな
内容ではなかったけど、勝てたことは大きい。


posted by yasuyo KANIE at 23:59| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。