2006年02月12日

第5節第2日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第5節第2日の選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・脇真太郎(DF・主将)
 内容的にはあがってきているし、DFも集中してやってるつもりなんだけど、
集中が切れたときに入れられている。こちらも最後まで攻めていたけれど、
向こうが上手かったってことですね。マークが見きれてなかったし、時間帯も
あって油断していた。自分たちも決めるところを決められていたら、もっと
楽な試合だった。でも、先制されたのを逆転することができたので、
その後の気持ちの緩みをなくせば、いい結果が出ると思う。

−Voice 立命館大学・西 望実(MF)
 最初、攻め込まれたけどDFが良くがんばってくれた。先週の関大戦も
耐えていたら、徐々にリズムが来たし、今日もいいリズムの時に点が取れた。
前半は、山崎さんとサイドを使おうって言っていたけど、相手にスペースを
消されていて、打開策がなかった。ワンボランチになったときは、とにかく
守ろうという意識でがんばった。2点めは、関さんだから中に蹴ってくる、
中にいたら何かが起こると思っていた。いいボールが来たから、合わせた
だけです。次の阪南は手ごわいけど、勝てない相手じゃないから、気持ちで
負けないようにしたい。

−Voice 阪南大学・梁 勇基(MF)
 相手が前から来るのはわかっていたので、中盤でフリーになるように
心がけたし、少ないタッチでもらって、はたいてまたもらえるようにと思って
プレーした。20分くらいから支配してテンポよくゲームを進められたけど、
後半は攻めあぐんで失点してしまった。引いてしまって相手に拾われて
押し上げられず、自分たちで苦しくしてしまったが、崩されたわけじゃないし、
僕らの方がチャンスは多かった。同大は追いついたら勢いづいてくるので、
畳み掛けられないように気をつけた。2点めを取って、向こうの応援を
静かにさせてやりたかったけど、取れずに追いつかれた。
負けなくて良かったけど、勝てたゲームだった。

−Voice 同志社大学・増田 翔(MF)
 最初の10分、前からDFをしよう、やることをはっきりさせていこうと
いう意識で試合に入った。前半途中から、1対1の局面で簡単に負けて
しまい、数的不利になって苦しかったが、後半はもう1回前から行って、
前から全部ボールを追いかける気持ちでやり直すことができた。
追いつくことができたけど、ひっくり返せなかったし、逆にカウンターで
危ない場面もあってまだまだだなと感じた。先週、黒河が得点してるので、
僕もこのリーグでゴールを決めたいです。もっとボールに絡んでそこで
仕事をできるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 23:59| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。