2006年02月14日

第7節第1日 スタッフ・選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第7節第1日のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 近畿大学・井村泰明コーチ
 FWが受けられないし、中盤でミスが多く、DFのウラに出されて
しまっていた。前半はあれだけ行かれてしまうと、打つ手がない。後半は、
ポジションチェンジしながら上がっていかなくてはと、中盤から前で
移動しながらボールを動かしていった。速いのや、高いのを入れて攻撃の
形をはっきりさせたのだが、点を取れたのが遅かったですね。

−Voice 近畿大学・木藤健太(MF)
 立ち上がりから、リズムが取れないまま相手に先制されてしまった。
中盤でのボールの失い方が悪かったし、カウンターの対応もまずかった。
相手にやりたいことをやられたし、引いて守られている時の攻撃ができて
おらず、慌てて後手になっていた。後半は点を取るしかないので、早い
時間に1点を取れたら、勝てると思っていたが、あと10分欲しかったです。

−Voice 京都産業大学・荒井雄平(DF・主将)
 今までもチームはずっと良かったし、やっと結果が出たという感じです。
前半に取れたから楽になったし、最近は、失点も1に抑えることができて
いるから、2点めを取れたら勝てるっていう気持ちがあった。内容は
いいのに勝てなかったけど、やれるっていう手ごたえを感じた。去年より
攻められるようになっているし、僕たちみんなここから3連勝して、
インカレを狙うつもりでがんばります。

−Voice 関西大学・山戸直樹(DF)
 やっと勝てた。長かったという感じです。今日は、タカさん(西孝幸)が
(出場停止で)いなかったので、11人が一人一人、その分もがんばろうと
いう意識で全員で守備も攻撃もやれたことで、無失点抑えられたし、3点
取れたと思う。いいリズムでやれたし、久しぶりに試合をしていて
楽しかった。残り試合、とりあえず勝って、自分たちが結果を出せるように
したい。

−Voice 桃山学院大学・脇真太郎(DF・主将)
 攻撃的に行こうと、2バックに近いような形でやっていたので、その
リスクの部分で相手に決められてしまった。最近は、前半に点を取られて
しまうことが多い。楚輪監督には、「がんばろうばっかで、やってきたことが
できてない」と言われた。がむしゃらに気持ちだけが前に行っていた
感じです。前からのDFができていないから、ボールへアプローチに
いけてない。チームでやってきたことをもう一度きちんとできるように、
来週は切り替えていきます。


posted by yasuyo KANIE at 00:02| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。