2006年02月14日

第7節第2日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第7節第2日の選手コメントです。
−Voice 阪南大学・松浦宏治(FW)
 相手の3バックの両サイドのスペースを行こうということで、今日は最初、
サイドハーフのポジションだった。自分が行くことで、向こうの右サイドの
攻撃を封じられたので、役割は果たせたと思う。ドリブルで持って
いけるので、サイドをやるのは割と自分では好きですね。関学が攻めていた
時間を防げて、しっかりこちらが決めることができた。今日の試合は、
優勝できるかどうかの分かれ目だし、みんな気合も入っていて、頑張れたし
結果も出せました。

−Voice 関西学院大学・山田憲司(DF・ゲームキャプテン)
 いいリズムの時に得点できなくて、取られて慌ててしまったが、試合をして
いて内容は悪くなかったし、失点は詰めの甘さが原因ですね。負けたけれど
何もできなかったわけじゃない。最後のパワープレーは、ベンチからの
指示ではないです。負けてるし、下げていてもしょうがない。
(北出を)ターゲットにしようとした。失点は仕方ないと思うけど、次の
試合があるから、悪いリズムのまま終わりたくなかった。
優勝はなくなったけど、インカレ出場を目標に切り替えて次は勝ちに
いきます。


posted by yasuyo KANIE at 00:03| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。