2006年02月14日

第8節第1日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第8節第1日の選手コメントです。
−Voice 同志社大学・和田卓士(DF)
 前半は立ち上がりから、プレスをかけていったら、はまっていたので
そのまま行ったが、後半はすぐに蹴ってしまって、間延びして拾われるように
なっていた。気持ちがあせってしまい、もっとつなげられたらよかった。
今年は4回生が3人しかいない若いチームなので、悪い時には自分が自分がと
なってしまい、メンタルでは課題があると思う。負けへんかっただけ
マシだし、こないだよりは攻められたからいいように考えるしかない。
リーグ戦、まだ上を目指して、インカレにつなげられるようにしたい。

−Voice 近畿大学・平岩 努(MF・ゲームキャプテン)
 前半は同志社ペースだった。DFラインが低めになってしまう時が多く、
ボールをとっても上げられなかった。苦しかったけど、そこで0点に
抑えられたことは大きい。後半、ダブルボランチからダイヤモンドに中盤を
変えたこともあるけど、点を取りたい気持ちが強くあって、声も増えて
きたし、ボールを取れるようになったと思う。しっかり耐えて、そこから
攻撃につなげられないと、全国大会に出ても苦しい。ケガ人が多いけど、
みんなでがんばれたことは次につながる。

−Voice 立命館大学・渋谷慶典(FW)
 スタメンじゃなかったから悔しい気持ちもあり、得点のことだけを考えて、
ピッチに入った。いつも得点に気持ちを集中してるし、ゴールを意識できる
位置でもらって、ファーストタッチで得点を決めようと思っている。ボールを
くれる周りとのコミュニケーションを積極的にとるようにしてきて、
合うようになって、いいパスがたくさんくるので、それを自分の勝負強さで
決めていきたい。もっとスタートから試合に出て、コンスタントに得点が
取れるようになりたい。得点王はここまできたら、取りたいですね。
次の試合は、チームみんなが100%の力で、次につながるようにして
いきたい。

−Voice 大阪商業大学・田上 渉(MF)
 前半はつなげるよりも蹴ってしまい、悪い時に戻っていた感じだった。
DFが深すぎて、僕たちボランチとFWの間があいてしまい、そこでボールを
拾われてしまうことの繰り返しになっていた。清水さんが調子いいので、
もっとサイドを使って行きたかった。商大はとにかく決定力がないですね。
点が入らないんです。もっとゴールよりの位置でFKをもらえたら、
チャンスも広がると思う。


posted by yasuyo KANIE at 00:06| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。