2006年02月14日

第8節第2日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第8節第2日の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・鈴木崇徳(MF)
 今日は得点に絡んで形の残る結果を出したいと思っていた。
コンディションが良くなくて、これまで出られていない分、その半年分の力を
見せないといけないという気持ちだったし、与えられたチャンスで結果を
出して、自分がチームにとって必要だということを、見せたかった。
今日くらい、いつもできないといけないと思う。先制してすぐに取られ
なければ、一方的な試合になったけど、失点してペースが悪くなって
しまった。ロスタイムのような失点もなくしていかないと、強いチームと
当たったら勝ちきれなくなる。最後まで順位が決まらないし、危機感が
あったほうがしっかり試合に臨める。

−Voice 大阪学院大学・三好毅典(GK・主将)
 リーグでの悪い流れを持ち込んだわけじゃないけど、ずるずるいって
しまった。関学には春やられたから、喰ってやろうとビデオで研究して
いたが、春の課題を修正しても、秋また新しい課題が見つかった感じです。
でも、前は関学の名前に負けて守りに入っていたけど、今日はどうやったら
攻めていけるかを考えていたし、いい試合はできたと思う。尻に火がついて
いるので、これ以上負けられない。次につながる勝ち方で、入れ替え戦に
持ち込めるようにする。最後まであきらめずに勝ち点を1でも取りに行く。


posted by yasuyo KANIE at 00:07| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。