2006年02月14日

第9節第1日 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 第9節第1日の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・林 正洋(DF・主将)
 優勝の可能性があったから、どちらのチームも気持ちが入っていたと思う。
いつも前半が良くないのが課題で、今日も危ないシーンがあったけど
乗り切れた。後半はみんなのってきて、パスもつながるようになったし、
交代で入ってきた選手も持ち味を出していい仕事をしてくれた。渋谷がPKを
外した時に、「次は絶対に決めろ」と言ったんです。あいつは逆境に強いし、
苦しい時に助けてくれる。今日もそのあと決めてくれた。僕たちのチームは
日本一を目指しているし、勝っていい形でインカレに臨めるのでがんばります。

−Voice 近畿大学・木藤健太(MF)
 前半いいリズムでやれている時に得点できなかったのが、悔やまれる。
失点してからは相手が前に来ていたし、リスクを負ってバランスを崩して
取りに行ったけど、カウンターで失点してしまった。後半はやることが
はっきりしなくて、パスも回らず悪い時の近大のリズムになっていた。
DFとボランチの間に入られてしまったし、自分たちの運動量もなかった。
攻撃の仕掛けの部分で、時間をかけすぎていた。インカレに向けて、合宿も
するのでそこでもう一度近大のいいリズムを90分続けられるように
やり直したい。

−Voice 関西学院大学・都築隆康(DF)
 前半はみんなが個人でボールを持ってしまい、パスもつながらなかった。
インカレ出場権がかかっていたので、もちろん気合は入っていたけど、
空回りみたいな形になったと思う。ルーズボールが拾えないのに、DFで
取って攻め始めたところでパスミスをしてしまったりと取られ方が悪かった。
後半は簡単にボールを回しだして、ようやく点を取ることができたし、それが
やれればもっといいサッカーができる。僕はそんなに上手くないけど、
攻めても取れないムードを変えたくて、後半初めにオーバーラップして
シュートに行ったんです。あの後、みんな簡単にやれるようになったので、
良かったです。

−Voice 大阪商業大学・山野孝太郎(FW・ゲームキャプテン)
 後半立ち上がりのリズムが悪い時間に点を取られてしまい、そのあと
こちらも得点したけど、あと一歩が足りなかった。関学は後半、パスを
はたいてリズムが良くなっていたけど、逆にこちらは持ってリズムが悪く
なった時に取られてしまった。セットプレーがつながってゴールになった
けれど、外から崩してという形の点を増やしていけば、もっといい試合が
できると思う。今日負けた悔しさを、入れ替え戦のバネとしたい。チームは
良くなってきているし、ここで負けたら終わってしまう。残留して卒業
できるようにします。


posted by yasuyo KANIE at 00:11| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。