2006年02月14日

1−2部入替戦第2戦 選手コメント

2002年度関西学生サッカーリーグ 1−2部入替戦第2戦の選手コメントです。
−Voice 京都産業大学・荒井雄平(DF・主将)
 松井も復帰したし、リーグの途中から流れが良くなってきて、チームを
立て直すことができた。1戦めで勝っていて、点を取りに行く気持ちはあった
けれど、今日で最後やというさみしい気持ちがあり、全体に重たい感じに
なってしまった。関外大に攻められる部分も多かったが、怖いという気は
しなかった。リーグを通して守る場面が多かったし、落ち着いて守れたのは、
1部での経験が出せたと思う。
去年、入れ替え戦で負けた悔しさがあったから、最後ここで勝てたのは
うれしい。僕自身、入れ替え戦を3回やってやっと残れたという思いが強い
です。自信がもてる結果になったし、このまま終わるチームじゃない。
これから1部に定着して、来年はもっと上を狙って欲しい。

−Voice 大阪産業大学・日浦貴之(MF・主将)
 1戦めで3点リードしていたので、逆にこの1週間で気持ちをどうもって
いくか、難しい部分があった。今日も2点取れて、そこで勝ちを意識して
守りに入ってしまったのが、相手に勢いを与えてしまった。途中から商大は
パワープレーで来るだろうから、一つめできっちり当たってボールを拾って
いこうとしたけれど、2点めを取られて出足が悪くなっていた。それでも、
この試合を引き分けて昇格できるのは大きい。春リーグでは、3部との
入替戦になるかもというような状況だったけど、一人一人が1部に絶対に
上がるんだという強い気持ちを持って、秋リーグを戦ったことが結果に
つながったと思う。4回生がみんなよく協力してまとめてくれたし、監督に
やらされるのではなく、自分たちでチームを作り上げていこうという気持ちに
変わった。これから、後輩たちがもっといいチームにしていってくれると思う。


posted by yasuyo KANIE at 00:16| 2002年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。