2006年02月14日

第1節 選手コメント

第13回関西学生サッカー春季リーグ 第1節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・岸田裕樹(FW・ゲームキャプテン)
 サイドへ相手を追いやってボールを取りきろうっていうのが、一発で行き
過ぎたし、向こうの勢いを止められなかった。流れの悪い時にもっと僕が
態度や言葉で示せるようにしなきゃダメだった。リーグに初めて出る選手も
多かったし、経験とコミュニケーションが足りない部分もあった。自分自身、
試合の中で熱くなってしまったところもあったので、ビデオを見直して、
明日はもう一度気を引き締めて試合に臨む。

−Voice 桃山学院大学・南茂英樹(MF)
 自分が入学してから、関学に勝ったのは初めてなので、嬉しいです。
勝とうという気持ちはみんな強かったので、逆転につながった。後半は、
相手に疲れも見えたし、ボールが回りだしたので、落ち着いてやれば取り
返せると思っていた。先行されても沈まなくて、あきらめずに一つになって
いけたと思う。いつも試合を想定して練習していて、意識も高かったし、
ずるずるいく部分がなくなった。このまま勢いをつけて、リーグを
乗り切っていきたい。

−Voice 同志社大学・橋田聡司(GK・ゲームキャプテン)
 1点取って、気の緩みっていうのはないと思ったけど、マークの確認の
ずれが出てしまった。京産大には去年勝ててないし、どっかにみんな
苦手意識があったかもしれない。前半から、京産はサイドからの細かい崩しが
あるよって言ってて、たまたま入らずにすんでいたけど、いつか来るって
感じで取られてしまった。初戦で緊張もあったし、一つ一つを大事にしようと
しすぎた。もっと大胆にやっても良かった。うちはつないで崩していく
サッカーができると思うから、もっとつなぐプレーを大事にしていきたい。

−Voice 京都産業大学・高舘耕平(MF・主将)
 同志社とやる時は、絶対に点が入るので、自信を持ってプレーできた。
取られても、点は入ると思っていたので、慌てず落ち着いて試合を進められた。
下級生も上手いヤツが多いし、チーム内のポジション争いが激しくなることで、
チームが強くなっていくと思う。引き分けスタートはまあ、好発進な方
じゃないかな。3節までを勝ち越して行ければ、上の順位を狙えると思う。


posted by yasuyo KANIE at 23:35| 第13回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。