2006年02月14日

第4節 選手コメント

第13回関西学生サッカー春季リーグ 第4節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・橋本 卓(MF)
 やっと勝てた、しんどかった。攻めていたけど、最後のフィニッシュに
時間がかかっていたので、試合中にももっとシュートにいこうと話していた。
アシストは、(山口)陽平くんの動き出しが見えたので、前のスペースに
出そうと思ってて、狙い通りにいった。
リーグに入る前にDFの意識に重点をおいて練習してきたけど、ケガ人が
でたりしてやり方があいまいになり、前からDFに行けず、押し込まれて高い
位置でボールを取れていなかった。その中で勝負どころで先に取られて負けて
いたけど、今日は追いつかれなかったし、0に抑えて勝ったことは自信になる。

−Voice 大阪産業大学・橋本景太(DF・主将)
 前半はいつもいいんですけど、後半に耐え切れなくなって失点してしまう。
他のチームに比べて、技術で劣ってる面があるので、気持ちで辛抱して少ない
チャンスをものにしたいけど、今日も後半にやられてしまった。最初2戦、
負けないサッカーをしてたけど、体大に負けたことで、気持ちが緩んで
しまったところがある。前に無理に行ってスペースを使われるより、相手が
攻めてきたときのスペースを使いたいけど、運動量がなくなってきた時に、
それができず相手のペースになってしまう。後半に、どれだけ自分たちの
サッカーができるかが課題だと思う。

−Voice 近畿大学・片山真人(FW)
 後半ずっと、相手にペースを握られて攻められていたところだったし、
自分としても、前半にタイミングがずれてボールとの距離が長くなって
しまって2本も決定的なチャンスを外していたので、ゴールを決められて
かなり嬉しかった。
大学サッカーはみんなフィジカルが強いなと思った。だけど僕はフィジカル
面は強い方だから、そこで負けないようにしたいし、今のところは自分の
持ち味を出せていると思う。大学でもサッカーをやるからには目標を高く
持っていたいから、この春リーグで得点王を取ることが個人としての
目標です。

−Voice 同志社大学・田原祐介(FW・主将)
 今日は勝っときたかった。このままだと、僕が1回生のときの二の舞に
なってしまいそうです。外、外にボールを回してしまい、中へ向かう意識が
薄く、シュートを打っていない。球際が弱くなってるし、ゴールまでいける
形ができていない。
課題はたくさんあるけれど、それでも守り中心のサッカーをしたくない、
攻める姿勢をとおしたいと思う。勝てなくてずるずるきてるし、勝つことで
自信をつけないと厳しい。残り試合を全勝するつもりで、今日の反省を
しっかり今日中にして、明日から次の試合に向けて取り組んでいきます。


posted by yasuyo KANIE at 23:39| 第13回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。