2006年02月15日

第6節 選手コメント

第13回関西学生サッカー春季リーグ 第6節の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・関 雅至(FW)
FKは狙いどおりに決まった。あそこであっさりと得点できて良かった。
今日は最初、少しふわっとゲームに入ってしまったところがあったけど、いい
時間に得点が取れたので、押されていても怖くなかった。うちはDFが
いいから攻められていても取られる気はしない。自分は攻撃に集中しようと
思うし、攻められていても準備はできている。リーグ前にチームの問題点は
出て、それが上手く修正できて、DFが上手くいっていると思う。
チームとしてはもちろん優勝を目指しているけど、個人的にはアシスト王を
狙いたい。

−Voice 関西学院大学・水田泰広(GK)
オフェンシブの二人がどうしてもこねてしまうので、ボールが動かなかった。
立命の方が球際の寄せが速く、強いので、それを考えるともっとダイレクトや
ツータッチくらいで動かして、高い位置でもらってサイドを変えて仕掛け
られるようにというのが理想だけど、同サイドでばかりつなごうとしていた。
DFラインは問題ないけど、守備は組織でとらなくてはいけないし、高い
位置でそれができていない。チームのリズムが悪くなった時、試合中に
修正する声がなく、中盤で声を出す人がいないのがつらい。残り3試合、
もう後がない。トーナメントのつもりで戦う。

−Voice 阪南大学・南 明宏(DF)
距離が近かったから、速いボールを蹴れば、入ると思った。去年の秋も
近大戦ではFKを決めているので、今回も狙っていたし、前が機能せずに点が
取れなかったので、取りにいきました。早い段階で先に得点しておけば、
もっと違う流れになったと思う。後半になって、暑くてバテたのもあり、
リズムが悪くなっていたが、後ろは我慢して頑張ろうと声を掛け合って、
危ない場面もあったけど集中はできていた。前に行こうという気持ちがあった
ので、取られる気はしなかった。
優勝するためには落とせない試合を取れてよかった。これからもチャンスでは
積極的に得点を狙いたい。

−Voice 近畿大学・木藤健太(MF・主将)
チャンスがあっただけに、点が取れなかったのが悔しい。前半はリズムが悪く、
ボールの取られ方も良くなかったけど、後半はダイレクトパスでリズムを
作れていた。決定的なチャンスで決めないと、阪南は勝負強いからやられて
しまう。あの時間帯で取られると苦しい。前の立命戦もそうだったけど、
フィニッシュの精度が良くない。チームの雰囲気は悪くないし、あとは
得点だけ。とりあえず、結果を意識して先制点を取れたら、チームとして
乗ってこれる。ハーフタイムに前半なんで悪かったかを話し合って、後半には
それを意識して臨めるようになり、みんなの意識は高くなった。まず次の
試合をしっかり勝てるように、切り替えようと思う。


posted by yasuyo KANIE at 00:21| 第13回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。