2006年02月15日

第8節第1日 選手コメント

第13回関西学生サッカー春季リーグ 第8節第1日の選手コメントです。
−Voice 近畿大学・石橋清一(MF)
前半、相手が引いていたのでサイドを使って組み立てていったけど、1−1に
なってあせってしまい、中から崩そうとしてサイドからという目的を
忘れてしまった。それでも、2点めはサイドから攻めて取れたのだけど、
セットプレーからやられたのは、集中力を欠いていたかもしれない。阪南戦も
そうだけど、セットプレーで失点してしまう。集中力を切らさないように
しないと、次の桃山大はいいキッカーもいるので、キツイかも。
今日勝たなきゃ、入替になってしまう可能性もあったので、一人少なく
なっても、守るのではなく点を取る気しかなかった。10人になったのは
痛かった。

−Voice 京都産業大学・高舘耕平(MF・主将)
立ち上がり、守って引くというつもりはなく、悪かった。前半に前へ
行けてたら、もっと楽にやれていた。それでも、セットプレーで決められた
ことは大きい。
中盤で人数が一人多い分、足元からつないで攻撃できていたらよかったの
だけど、1点を取るのに焦ってしまい、蹴るばっかになってしまった。
これまで、点を取ってから逆転されてしまい、負け方が悪すぎたけど、点を
取れるチームになってきていると思う。DFをもっとしっかりやっていけば、
勝てた試合も多かった。最後はとにかく勝ちをとれるように頑張るしかない。

−Voice 関西学院大学・春川 誠(DF)
ごちゃごちゃの中で点を取られてしまうことも多いし、こぼれ球やミドル
シュートを決められてしまっている。逆サイドにふられたら、そこを振り
切られてしまっているのが、これまでの失点の原因。マークを受け渡す判断が
遅いし、そのためのコミュニケーションがしっかり取れていない。DF同士
だけでなく、その前の選手から守備をしていかなくては厳しい。阪南戦の
ように、耐えられたら勝てるのに、こうなってしまうのは、どこかでサボって
いるところがみんなにあるのかもしれない。

−Voice 大阪体育大学・前田和哉(DF)
得点の場面は、狙っていた。今までは、なかなかセットプレーで得点を
できなかったのだけど、ファーサイドでフリーになる形が多くなったのが、
生かせている。マークされても、それを外す予備動作をしっかり入れるよう
心がけている。今日はピンチもあったけど、それをしのげたのも大きい。
これまで、1対1で負ける場面が多かったけど、リーグの中でだんだん強く
なってきた。毎試合、失点しているので、次は無失点で抑えて、少しでも
上の順位を狙いたい。


posted by yasuyo KANIE at 00:24| 第13回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。