2006年02月15日

第8節第2日 選手コメント

第13回関西学生サッカー春季リーグ 第8節第2日の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・畑 允人(MF・主将)
先制した後は、ボールを回してるだけで、相手もそれに慣れてきてしまって
いた。もっとシュートを打てたら、DFを引き出せていい形を作れたのでは
ないかと思う。追いつかれたけど、2点めをすぐにとれたのが、精神的にも
チームの雰囲気という面でも大きかった。後半になって、大産が前に3枚
残してきていたので、DFが下がって中盤も吸収されて守るしかない感じに
なってしまったが、危ない場面もあったけどしっかり守ることができた。
昨日で優勝が決まってしまったけれど、2位と3位では全然違う。一人一人が
それを理解して、今日せなあかんことをよくわかっていた。以前は優勝が
決まったあとの試合に、大敗したこともあるけど、そのあたりは自分たちも
成長したかな。

−Voice 大阪産業大学・橋本景太(MF・主将)
チャンスはあったし、徐々にいいサッカーができていたけど、それができた
のが遅かった。最初に失点して、雰囲気が悪かったが、それでも前半に
追いつけたのは成長したところだと思う。後半に点を取れる気はしたのに
取りきれず、やはり立命館は強かった。
僕たち4回生はもう秋に1部リーグでは試合ができない。だけど最後に1部で
勝って終わることで、この後2部で勝っていけるようにつなげたい。昇格した
嬉しさも、落ちてしまう悔しさも全員が経験したので、ここからまたやって
いける。下のヤツらにはまた1部でプレーして欲しいから、次に1部に
上がって戦えるチームの基礎を、自分たち4回生が作っていかなくては
いけない。スタンドで応援してくれるみんなの代表として、僕らは試合に
出ている。試合に出ている限りは責任もって1部に残りたかった。

−Voice 阪南大学・深谷友基(DF)
トップの選手とのコンビネーションがあわなかった。フィールドが
スリッピーでミスも多く、自分たちで試合のリズムを崩していた。攻撃の形が
はまらないって言うか、ダイレクトプレーで回していくのが、なかなか上手く
いかず、ボールがつながらなかった。失点の場面は、カバーに回ろうとした
けれど、GKも出ていたのが見えたので、安心して一瞬見てしまった。早く
行っていれば、はじけたかもしれない。得点してからは活気づいたけど、
あの失点はいらなかった。ここでしっかり勝っておかないといけなかったと
思う。最終節は2位になるための直接対決。ガチガチ行きます。

−Voice 同志社大学・安部昌樹(DF)
あのゴールは、ボールしか見ていませんでした。GKが出てきていたし、
DFが中途半端になりがちなので、狙いどころと思っていた。点を取れたけど、
チームが勝てなかったのは悔やまれるところです。追いつかれてから、
集中力が切れてきていたし、プレスも声もなくなって、寄せた時の連動性が
失われていた。疲れもあったけど、そういうときこそ頑張らなくてはいけない。
自分としては、まだヘディングで後ろに流されている場面もあるし、最初から
強さを見せるプレーができるようにしたい。相手が嫌がるようなプレーを
見せたいです。リーグの最後、いい形で終わって関西選手権に
つなげられるように頑張ります。


posted by yasuyo KANIE at 00:41| 第13回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。