2006年02月15日

第9節第2日 選手コメント

第13回関西学生サッカー春季リーグ 第9節第2日の選手コメントです。
−Voice 同志社大学・黒河 勉(MF)
前半は、トップに入るボールも相手DFが身体を張ってきて楽にもらう
ことができず、ワンタッチでFWに当ててボールを動かした時に、早い攻撃が
できた。後半になって、中盤のスペースが空いたので、そこに顔を出して、
前にスルーパスを出したりしていこうとした。押し込まれた時に、蹴る
ばっかりのサッカーになって、つなげなくなってしまう。そういう場面で、
僕がもっと声を出せるようにしていかなくてはいけない。リーグの最初に
引き分けて、なかなか勝てずに苦しかったが、選手権は負けたら終わりなので、
気を引き締めて頑張りたい。

−Voice 大阪体育大学・趙 光洙(DF・主将)
よく守れていたけど、相手のFWが競り方を変えてきて、その一瞬の隙に
やられてしまった。前半に2点取れていたら、全然違う展開になったと思うが、
そこで取れないのが自分たちの弱いところだと思う。個人的には、競り合いに
負けていた部分もあって、自分がきっちり抑えられていたらと悔やまれる。
リーグの1・2戦は蹴ってばかりのサッカーになり、自分たちの限界を感じた。
監督やコーチの助言もあったし、自分たちで衝突もしたけれど話し合って、
回しながらサッカーをできるようになって、攻撃にアクセントがつけられて、
自分たちの持ってる高さや強さが出せるようになった。去年の4回生が
抜けた分、みんながしっかり頑張ってファイトして勝てたと思う。リーグを
通して自信も、チームも力もついた。次に勝つことで、しっかりステップ
アップしたい。

−Voice 阪南大学・梅村芳生(GK)
阪南には南・深谷というCBがいて守りが強いから、その後ろで守っている
GKとしては、しっかり固めるという意識でプレーしている。攻撃の方で、
結果が出ていないけど、後ろが崩れたらさらにリズムが悪くなってしまうから、
そこは守備が辛抱して頑張らなくてはいけないと思う。苦しい時にどれだけ
声をかけて助け合えるかを、心がけたい。
リーグを通して失点が5というのは、少ないかもしれないけど、最近は難しい
試合が多いし、関学や同志社の試合ではミスから失点しているし、個人的には
安定しないプレーもあったので、まだまだだと思う。関西選手権では
いい準備をして試合に臨みたい。

−Voice 立命館大学・大塚 祐(GK)
立ち上がりは課題なのに、雰囲気が悪くてうまく入れなかった。前半は連携の
ミスもあり、いつもできてることができず、僕らのゲームができてなかった。
プレーの出足や、攻守の切り替えが遅れていて、阪南がそこをうまく使って
くるので、それをなくすよう指示を出したし、ハーフタイムにもその点を
注意された。後半になって、徐々にかみ合ってきた部分もあったけど、
安定した試合をできないのは課題です。
DFが頑張ってくれたので、結果として失点が少なくすんだ。リーグに出場
して、始めは緊張したけれど、徐々にいいプレーができるようになったし、
自分が思っていた以上にできた部分もあって、自信もついた。まだ課題も
あるので、関西選手権ではよりいいプレーをしたいです。


posted by yasuyo KANIE at 00:44| 第13回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。