2006年02月16日

1回戦 選手コメント

第32回関西学生サッカー選手権大会 1回戦の選手コメントです。
−Voice 同志社大学・田原祐介(FW・主将)
序盤に攻められてはいたけれど、リーグで対戦した時よりもボールをもてて
いたし、可能性はあるかなと思っていた。先制点は、届くか分からんかった
けど、浮かさんように打ったら真芯に当たって入った。練習でやってるとおり、
折り返して決めるというパターンで、本番ニアに入るところが、ファーに
流れたところ、大庭が落としてくれたのでフリーで打てた。2点めは
(深澤)祐太が一人で行くと思ってて、フォローで走りこんでいたら、
こぼれてきたのでダイレクトで上手く決められた。
後半になって、相手が蹴ってきていたのにつられてしまい、つなぐサッカーを
できずに苦しかった。もっと動いてキープしてつないでいけたら、もう少し
点が取れて安全なサッカーができたのではないか。日程が詰まっていて
しんどいけど、今日0に抑えられたことは自信になると思う。

−Voice 関西学院大学・水田泰広(GK)
僕の中では完敗です。やってて前よりも同志社は強かった。1点めは僕の
判断が遅れてしまい、マークが外れたことでやられてしまったし、2点めの
シュートは見れてなかったわけじゃないけど、なすすべがなかった。
リーグで勝った試合でも、自分らが良かったわけじゃない。相手のミスに
助けられていた部分がある。ゲームを作れていないし、核となる選手が攻撃に
顔を出せない。同志社はサイドハーフが絞って、SBが上がってくるので、
その守備に走らされてしまったし、そのマークの受け渡しが遅く、サイドに
追い込んでも逆に振られたり、ボールのとりどころを決められない。寄せも
相手が早くてボールを拾われてしまう。ハーフタイムに、足元でサイドに
預けて走らせるように指示が出ていたけど、実践できていなかった。
自分も失点が多くて、去年の経験を今年生かせなかった。コーチングしてる
つもりでも、効果が出ていないし、そういう部分がまだ自分は未熟だと感じた。


posted by yasuyo KANIE at 00:03| 第32回関西学生サッカー選手権大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。