2006年02月16日

2回戦 選手コメント

第32回関西学生サッカー選手権大会 2回戦の選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・趙 光洙(DF・主将)
立ち上がりすぐに得点ができていい感じだったのに、勝てなかった。
1点めの失点は、上手いシュートではあったけど、ボールが流れてマークが
見えていなかった。あそこで我慢できたら違っていたと思う。後半追いついて、
その後に力を出せなかった。最後にあれだけ攻めることができたけれど、
もっと早めにそれをやれていたら追いつけていたのではないか。そういう
ところは、まだ自分たちの力が足りない。負けたけど、秋へ新しいスタートを
切るために、戦術的にも得点をとるパターンを詰めていく。しっかり反省し、
いいところをより生かして、秋には相手に脅威を与えられるチームに
していきたい。

−Voice 関西大学・山戸直樹(DF)
もっと楽に勝てる試合だった。取れるときに点が取れんくて、いつも
シュート数で相手を上回っても決めきれないが、セットプレーで取り返せた
のは大きい。最後の体大の猛攻を抑えられたことは価値があるけれど、
立ち上がりの失点の多さをなくしていかなくてはいけない。
次の桃山は優勝して勢いがあるだろうけど、試合間隔が開いているし、僕らは
勝って波に乗っている。強いFWもいるけど、0点に抑えたら必ず前の選手が
得点してくれる。今年も日本一を目指しているので、勝って総理大臣杯
出場権を手にしたい。

−Voice 阪南大学・南 明宏(DF)
あの直接FKは、審判が止めていなかったので、GKの橋田が壁を作りに
行っていたところ、僕の前に(竹村)伸がいたのをどかせて、すばやく
プレーに行った。曲がって上手く入った。
できれば無失点に抑えたかったけど、今日は3点取れたことが大きい。前半の
競っていた展開で勝つことができたし、点を取れて勝てたことで、チームは
のっていけると思う。準決勝は相手は関係なく、自分たちから積極的に攻めて
試合をしていくつもりです。

−Voice 同志社大学・田村和也(DF)
攻撃のパターンがなくて、攻め切れなかった。ボールをつなぐことはできる
けど、突破の部分で受け手とパスの出す選手が合わず、向こうにしたら
守りやすかったんじゃないかなあ。僕が上がったとき、島津や(小野田)光が
いるから、僕が落として、あいつらがゴールにいける形を取りたかったけど、
なかなかボールがこなくて、チャンスが作れなかった。疲れてくると、
考えることがおろそかになって、守備がバタバタしてしまう。大庭さんが
教育実習で抜けていたけど、それは言い訳にはならないと思う。
関西選手権ではいい試合もできたけど、課題もよくわかった。やることを
90分間やりとおせる体力と集中力を、秋にはつけられるよう、練習から
もっと追い込んでいかないと。


posted by yasuyo KANIE at 00:07| 第32回関西学生サッカー選手権大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。