2006年02月16日

準決勝 選手コメント

第32回関西学生サッカー選手権大会 準決勝の選手コメントです。
−Voice 阪南大学・梁 勇基(MF)
この前の試合で得点を取ったことがいいきっかけになっている。みんなまだ
完璧じゃないけど、コンビネーションがよくあってきたのが結果になった。
今日は、長峯が前線でヘッドで勝っていたし、澳本がボールをキープできて、
二人がボールを前でためてくれたのが大きく、後ろから上がりやすかった。
1点めは、トラップした時、澳本と目が合って、外に周るのが分かったので、
送り込むだけだった。そのへんが合ってきたし、よく入れてくれたと思う。
攻めでミスも多く、もっと得点は取れた。貪欲に点を取っていけるよう、
さらに練習をしていきたい。

−Voice 立命館大学・畑 允人(MF・主将)
サイドの使い方が前半は機能しておらず、相手にいいスペースで蹴られて
基点を作られていた。DFのバランスが悪く、1対1の場面を作られて
しまうことが多く、そこで修正する声も出ていなかった。後半になって、
ボールを回せるようにはなったけど、シュートまで持っていけず、決定的な
形を作れなかった。後半のような気持ちとプレーが必要だし、そういう
メンタルの部分は課題です。出ている上級生が少ないけれど、もっと僕らが
そういうときに声を出して引っ張っていかなくてはダメだった。プレーでも
精神的な部分でも課題の見えた試合だった。

−Voice 桃山学院大学・江添建次郎(DF)
前半は相手の流動的な動きについていけてない部分があった。トップに
当てて落としてウラを狙うという攻撃の形が作れなかった。それでも
とられた時間が早かったし、自分たちは攻撃力があるから、焦ることはないと
思っていました。1点めはボールを持って相手を抜こうとしたけど、
ゴール前にいるから中に早い段階であげよう、ファーに上げればGKも
出てこれないと考え、センタリングに切り替えた。あそこで追いつけた
ことは大きかった。全国大会に出場できることが、とにかく嬉しい。やっと
桃山を全国に知ってもらえる。コンスタントに関東相手にやれるという
ところを見せたいです。

−Voice 関西大学・八柄堅一(DF)
2回戦の体大戦に比べたら、立ち上がり集中できていたし、雰囲気もよく、
悪くはなかった。1点めは僕のところから上げられてしまい、責任を
感じてます。中にいた選手も準備する時間があって、人数がいたのにやられて
しまい、その辺はみんなよく自分でも分かっている。後半になってボールを
拾われていたし、攻めながらも決められず、審判のジャッジにもいらいら
していて、自分たちで悪くしてしまったところがあった。
リーグ戦で立命館には立ち上がりにやられている。今日みたいに集中して
やれば大丈夫。2回も同じ相手には負けられないし、総理大臣杯に出て、
天皇杯の出場権を取れるように頑張ろうとみんな気持ちは切り替わっている。


posted by yasuyo KANIE at 00:10| 第32回関西学生サッカー選手権大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。