2006年02月17日

第1節第1日 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第1節第1日の選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・南茂英樹(MF・ゲームキャプテン)
前半も後半も立ち上がりがとにかく悪かった。相手はひいて守っていたけど、
得点を取れる時間帯はあった。攻めにしてもチャレンジがなく、ボールを
支配していたけどシュートを打てていない。どこかで相手は2部から上がって
きたチームで、自分たちは春に優勝したんだという気持ちがあったんじゃ
ないか。そういう気持ちの面で負けていたから、球際でも負けていた。
スタートダッシュは切れなかったけど、気持ちひとつにして 切り替えて次に
行くしかない。練習からチャレンジャーの気持ちを忘れずに取り組んでいく。

−Voice 大阪学院大学・楠 洋平(FW・ゲームキャプテン)
先制点はボールが上がらずに、相手のDFが中に固まっていたので、外へ
行ったら上手くフリーになって決めることができた。早めに相手がほおり
こんできたらヤバかったけど、こっちは前から行くのは無理だし、ボールを
いい形で取れたら攻めようという、うちのやり方でやれた。
負けへん自信はありました。でもいい時間に2点目がとれたことで、気持ちは
楽になった。去年のリーグはチームとしても甘いところがあったから、
降格してしまったけれど、その経験があって今年頑張れたと思う。目標は
ずはりインカレです。いい形でリーグをスタートできたし、実現できるよう
頑張ります。


posted by yasuyo KANIE at 01:08| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。