2006年02月17日

第1節第2日 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第1節第2日の選手コメントです。
−Voice 阪南大学・南 明宏(DF)
危ない時間帯もあったけど、結果的に0点に抑えられたことは良かった。
寄井とは夏の間、ずっと組んでいたので、違和感なくやれたし、この結果で
寄井も自信を持ってやれるだろう。前からのDFを今まで練習してきて、
今年のメンバーはそれを判ってきているし、前と後ろとのDFの連携が
自然にできるようになり、中盤の守備の意識もあった。ハーフタイムに、
後半は逆風なので狙っていこうと指示があり、横パスはなくして、ボールを
取ったら早くつなげていこうという狙い通りのプレーができたと思う。

−Voice 近畿大学・木藤健太(MF・主将)
前半の失点が大きかった。あれで前からいかなあかん状態になってしまった。
攻撃の形を作れたのは良かったけど、チームとして組織で高い位置でボールを
取ることができなかった。4−4−2同士だし、阪南の上手さにやられた。
阪南は試合巧者だし、隙を狙うのが上手いと思った。コースに入るのが
上手いし、一瞬ウラを取れても、リカバリが早くて寄せてこられてしまう。
もっとサイドで高い位置を取って、そこで攻撃の起点を作って崩していける
ようにしたい。

−Voice 関西大学・森本圭太(FW)
リーグ戦前に、スタメンから外れていた時期もあって、そこで自分の
モチベーションを上げ、結果を残せるようやってきたので調子はいいです。
天皇杯予選で、セットプレーから失点していたので、試合前に誰が誰に
つくのかを決めて、今日はそれをきちんとやれていた。チームの状態も
盛り上がってるし、先に点を取れれば負けることはないです。自分としては、
秋は得点王を意識して、毎試合得点を取れるように心がけたい。春は
自分でも不甲斐なかったし、FWのポジションはチーム内で競争もあるので、
練習中もモチベーションを下げずにやっていきます。

−Voice 関西学院大学・原崎 透(FW)
前半のチャンスで取れなかったことが痛かった。もっとちゃんとつないだら、
点は取れるのに、続けて失点してしまったことで後ろが浮き足立ってしまい、
後半は焦って蹴りすぎていた。2点めのアシストは、スペースが空いて
いたので、本井が蹴って来るのが判っていて抜け出せたし、上手く中に
入れられた。アシストはしているけど、自分としては流れの中で得点を
取りたい。攻撃にかける人数が少ないし、常に中盤とDFの間で相手に
前を向かれていた。もっとバックラインから押し上げて、サイドを使って
攻撃していかないと。


posted by yasuyo KANIE at 01:10| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。