2006年02月17日

第2節 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第2節の選手コメントです。
−Voice 阪南大学・尾花和人(FW・主将)
前半はチャンスもあったのに、決められないうちに相手のスーパーゴールが
入ってしまった。とられても焦らずにプレーできたし、前半のうちに追いつく
ことができたので、良かった。中盤のルーズボールを拾い負けないように
しようとハーフタイムに指示もあって、後半はそれができて早めの攻撃を
仕掛けられた。春から多くの公式戦を経験できたことで、厳しいゲームで
どう戦えばいいかをチームがわかってきた。夏の間、練習はしんどかったけど、
その頑張りが実ってきて、結果を出せていると思う。

−Voice 関西学院大学・岡野克之(FW)
トラップしたら流れるだろうし、DFも横から来ていたから、思い切って
打った。GKも前に出ていたのは判っていたけど、あんなに上手く入るとは
思わなかった。阪南はDFもつなぐサッカーをしてくるから、そこで取れたら
チャンスになる。前から行こうと心がけた。関大戦よりもサイドからの攻撃を
増やして崩すことを意識していた。チャンスはあったけれど、それを生かし
きれていなかったと思う。勝てていないけど、まだ2試合なので、ここで
気持ちがつぶれたら話にならない。前向きにやっていきます。

−Voice 桃山学院大学・森 祐生(FW)
(川井)健太さんが帰ってきたので、自分のやることもはっきりして、試合の
中で、その役割を果たせた。前節、シュートを打てなかったし、周りから
「桃山は大したことない」と叩かれて、1週間、これまで自分たちのやって
きたことを整理して試合に臨んだが、いい形でできた。ロスタイムに失点
したりと、課題の残る部分もあったけれど、チーム状態が落ちたところから、
また上がっていこうとする上で勝てたことが収穫だし、次につながると思う。

−Voice 甲南大学・松下進也(DF・主将)
終了間際、相手も3点リードして気を抜いたというところもあったと思うけど、
次につながる2点だったと思う。この先の得失点差を考えたら大きい。
チームの出来としては、まだ物足りない部分もある。DFのバランスも悪く
なってるところがあるし、ボール際で負けていて、もっと組織で取れるように
ならなくてはと思う。とにかく勝ち点がとりたかったから、2試合で
勝ち点3はまずますです。次は昇格チーム同士の対戦で、春には勝っている
相手だけど、お互い負けられない試合なので、頑張ります。


posted by yasuyo KANIE at 01:12| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。