2006年02月17日

第3節 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第3節の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・畑 允人(MF・主将)
前半、攻撃のリズムが単調すぎ、足元ばかりにボールを入れてしまい、相手
DFを抜けられなかった。後半になって、リズムは良くなったけれど、
決定力に欠けた。ボールを持ててるから持ってるんだけど、攻め疲れしてた
感じだったし、ペースチェンジするところがなかったと思う。守りは、
縦一本で関学のトップにやられすぎた。FWの2枚だけに起点を作られて
やられてしまった。前半に1点取れて、いけるぞという雰囲気はあったが、
うちはトップが上手く機能していなかった。そのあたりをもっと練習して
いかなくては。

−Voice 関西学院大学・亀ヶ渕鼓(FW)
入ってきたボールが良かったので、ゴールを決められました。相手にボールを
回されて、こちらは引き気味になっていたし、中盤で立命ボールになって
いたから、ツートップで取ってもなかなかいい形に持っていけなかった。
FWの2人だけで崩すような感じになっていて、押し上げが少なくて
しんどかった。向こうにいいように回されていたけど、もっと相手のパス
コースを限定して、中盤でボールを取れれば楽になるし、攻撃に厚みも出て
くると思う。勝ったことで雰囲気は良くなると思うので、次も点を取って
勝てるようにしたい。

−Voice 桃山学院大学・南茂英樹(MF・ゲームキャプテン)
シュートに行く意欲が少なすぎるし、攻撃のバリエーションもなかった。
もっと強引に一人で持っていくような場面があっても良かったんじゃないか。
焦ってるつもりはないけど、失点してしまうと攻撃でいいところを探して
しまい、サイドからではなくツートップに入れてしまって、跳ね返されて
しまった。どのチームもそんなに差はないと思うし、そのちょっとの差を
勝っていけるように、チーム全体でやっていくしかない。残り試合、受けて
たつのではなく、一戦一戦調整して、チャレンジャーとして五分の戦いを
勝ち取っていきたい。

−Voice 近畿大学・木藤健太(MF・主将)
前節の立命戦の後半はいい流れでやれていたので、今日はみんなで積極的に
行こう、自分らが主導権を握ってポゼッションを高くしていこうという
イメージどおりに仕掛けていけた。上手くいい流れでボールをつなげて
シュートを打てていたが、まだパスミスも多かった から、そこを修正して
いく必要がある。中盤のダブルボランチが機能しないとボールが回らないんで、
小寺と石橋とで関連性を持ってやろうというのがいい感じでできていた。
PK、苦手なんです(苦笑)。外したのは責任を感じてて、みんなに
謝りました。


posted by yasuyo KANIE at 01:14| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。