2006年02月17日

第4節第1日 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第4節第1日の選手コメントです。
−Voice 近畿大学・小寺一生(MF)
個人の力では甲南を上回っていたのに、フィニッシュが決められず引き分けに
なってしまい悔しい。先制点を取れたところまでは、プランどおりだったけど、
そこで乗り切れずに失点してしまった。引かずにもっと前に前に、1点を
取りにいけたら良かったけど、追いつかれて焦りがでてしまい、ちょっとの
ズレが重なって、パスやセンタリングの精度が悪くなっていた。前の試合では、
最後まで集中していいサッカーをすることができたけど、今日はそれが
できなかった。最後まで守りきれず、勝って終われないところが自分たちの
甘いところだと思う。

−Voice 甲南大学・早野悠一(MF)
試合の立ち上がりはバタバタしてしまうっていうか、安全にいこうとして
いつもそんな感じなってしまう。今日はキャプテンがケガで出られないことも
あって、DFが最初落ち着かなかった。後半に入って風上に立ったのもあり、
動けるようになって、点も取れたことで動きも良くなってきた。
夏の間に走ってきたことで、試合を通して頑張れるチームになってきたと思う。
相手にかなりボールを持たれて回されたけど、それでも追いつけたことは
大きい。甲南にとっては大きな勝ち点1です。

−Voice 阪南大学・澳本大仁(FW)
開幕でケガをして、出場できなかったので、今日は勝利に貢献したいと思って
いた。得点は、振り向いたら梁がヘッドで落とす態勢だったので、合わせる
だけで決めさせてくれた。体大のDFは前に強い分、受けたFWが少ない
タッチで中盤に出して動きなおせばチャンスはあると考えていたが、最初は
その連携が良くなく、苦戦したけれど、そのかたちで点になった。
僕らの目標は、阪南を全国で通用するチームにすることです。なので今日は
出場停止の選手もいるし、楽には勝てないだろうと思っていたけど、逆境を
みんなで跳ね返せなくてはダメだし、どんな形でも結果を残して勝とうという
気持ちが出てきて、メンタル面でも成長したと思う。

−Voice 大阪体育大学・趙 光洙(DF・主将)
全般的にみんな身体が重たくて、チャンスはあったけど動けていなかった。
ちょっとしたポジショニング、チェックのずれがあったし、集中力が欠けて
いたところがあった。身体が動けていない分、しっかり頭を動かせれば
よかったけど、それもできておらず、後半はすべてが後手に回っていた。
阪南にはずっと負けているし、何が何でも勝ちたかった。春とは違って
自分たちで詰めるところを詰めていけるようになったし、スタンドで一生懸命
応援してくれたチームメイトのためにも勝ちたかった。1敗したことを
財産にして、今後の試合に生かし、すべての試合でもっとチャレンジして
いけるようにしていきます。


posted by yasuyo KANIE at 01:17| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。