2006年02月17日

第4節第2日 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第4節第2日の選手コメントです。
−Voice 関西大学・西 孝幸(DF・主将)
うちの方が体力的には上だし、後半にチャンスが増えるだろうという考えは
あった。点を取れなくても耐えていれば、入れてくれるだろうけど、そこで
耐え切れなかったDFも悪かった。中盤でタメを作れた感じのときは、
いい攻撃ができていたが、そういう機会を多く作り出せるようにする
ためには、体力的にしんどいことをする必要もある。それができる体力が
あるチームなので、チャンスを多く作れるように、統一して次からやって
いかなくてはいけない。相手をガツンといかすような試合を、次には
見せたい。

−Voice 大阪学院大学・楠 洋平(FW・ゲームキャプテン)
前半は0に抑えたらと言う気持ちで、取られないことだけを考えていた。
前から相手のボールを狙っていたし、先制してからは向こうが前に前に
来ていたのでスペースができて、ウラを狙えていい攻撃の形ができた。
2、3節は全然声が出ていなくて、自分たちがやってきたことが試合で
出せていなかった。今日は意識して声を出してやろうと話していた。ちゃんと
やれれば、結果を出せる自信はある。モチベーションの面で、今日
ずるずるとした内容の試合になったら、去年と同じになってしまうと思い、
声をかけあって試合できた。

−Voice 桃山学院大学・江添建次郎(DF)
やっとチームに覇気が出てきた。リーグ当初は、変な余裕の部分があったり
して、いい内容ではなかったが、今はここで負けたくないというところ、
1対1の競り合いの部分でみんなが頑張れたし、そういう部分をおろそかに
していてはダメだと思う。まだ、DFのウラまで行っているのに、シュートと
センタリングが少ないのが課題だが、意識してそれも増えてきている。
先のことは考えず、1試合1試合を大事に戦っていかなくては。一人一人が
DFから頑張って、こういう試合をしていけば、そう簡単には負けない。

−Voice 関西学院大学・春川 誠(DF)
最後の方、攻めに行かずにキープに入ったらよかったのかもしれない。みんな
ここが頑張りどころだというのはわかっているけど、どこかの小さな
ところから、綻んできてしまう。それが自分たちの甘いところだと思う。
DF面では、一人がチャレンジに行った時のカバーがまだ徹底されていない。
無失点でいこうとみんな言ってるし、気持ちも入ってるけど、90分通して
どこかで集中が切れている部分があるから、こういう結果になってしまった。


posted by yasuyo KANIE at 01:18| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。