2006年02月17日

第5節第1日 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第5節第1日の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・鈴木崇徳(MF・主将)
なかなか点が取れないし、後半集中が切れてしまって、いつも相手にそこを
つかれてしまい、0点に抑えて勝つことができない。セカンドボールを
取ろうと言っているけれど、できていないので攻撃の厚みがないし、相手も
守りやすいんだと思う。つなげなくて、簡単にクリアしてしまうことで、
相手の流れになってしまう。マイボールを簡単に失う場面が多すぎる。
ボールを持つばかりでなく、簡単にやれるところは簡単につないで、仕掛けて
いけるようにしないと。春に比べたら雰囲気もいいので、1試合1試合で
全力を出して、あとの4試合を戦っていきたい

−Voice 甲南大学・松下進也(DF・主将)
毎試合失点してるし、今日は0点に抑えようと話していた。勝ち試合だった
のに、引き分けてしまった。後半疲れてきて、ドリブルでサイドを持って
いかれる場面も多かったし、関学は橋本卓に合わせてきて、そうするのは
判っていたけど、反対側にふられてしまい、人数が足りずに相手の狙い通りに
決められてしまった。向こうが攻めにかかってきたとき、自分たちの経験が
足りないと思った。リーグの目標は、まず勝ち点10をとることだったんですが、
このあと、上位との対戦になるし、なかなか簡単じゃないです。

−Voice 阪南大学・梁 勇基(MF・ゲームキャプテン)
関大に2つのチャンスを決められてしまったけど、自分たちもこのまま
いったら点は取れるから、切り替えて行こうと言っていた。最後の
シュートの精度が低くて、その差が結果となってしまったけど、負けて
へこむような試合でもなかった。相手も気持ちは入っていたけれど、こちらも
負けてはいなかった。ここ2節、つなげてなくてぎりぎり勝ったような
試合だったが、今日は内容的には一番良かったと思う。あきらめずに最後、
1点取れたことは大きいし、連敗しないよう、切り替えてきっちり勝つことが
大切。

−Voice 関西大学・八柄堅一(DF)
今日負けたら後がないので、気持ちが入っていた。2連敗した反省を
生かせたし、結果として現すことができた。阪南は中盤が上手いし、かなり
崩される場面もあったけれど、一人一人が身体を張って、泥臭く勝った。
その気持ちはみんなに伝わって、押されていても焦りはなかった。個人的には、
球際が弱いと言われていたので、そこを頑張ったし、空回りでもいいから
動いていこうと、気持ちは入れてプレーできた。気持ちで勝っていける
チームだから、まだ優勝をあきらめていないし、試合の中で余裕と自信を
持ってプレーできるよう続けていきたい。


posted by yasuyo KANIE at 01:19| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。