2006年02月17日

第5節第2日 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第5節第2日の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・日高伸久(DF)
体大は上背があるし対人が強いので、セットプレーでは、しっかり守るよう
集中した。サイドを崩されて、対応が遅れてしまい、中で作られる場面が
あったので反省しています。立ち上がりに気をつけようと言っていたが、
バタバタになってしまった。ボールを回せれば、守備の方でもいいリズムで
守れるようになる。後半はそれができていたと思う。相手が外したので、
救われた部分もあったけど、今日は勝つつもりだったので、引き分けは
痛いし、負けた気分です。切り替えて、次にはしっかり守って点を取れる
ようにしたい。

−Voice 大阪体育大学・前田和哉(DF)
前半は回されていたし、後半はGKに助けられたという内容で、よく負け
なかったと思う。阪南戦もそうだけど、決定的な場面を作りながら、そこで
決められていないのが痛い。4バックのラインを崩さずに守ろうと話して
いたし、立命はハーフが上手いので、マークの受け渡しをちゃんとしようと
心がけていたが、FWからDFまでの間が開きすぎてしまうことが全体と
しての課題です。アシストは、相手は整っていなかったし、GKとDFの
間へ早いボールを入れようと考えていた。狙い通りにやれたし、あの場面で
あのプレーができてよかった。何が何でもインカレに行きたいので、
この先の試合を落とさずに上を狙います。

−Voice 桃山学院大学・大西康平(MF)
同志社はもっとつないでくると思っていたので、立ち上がりに前からプレスを
かけてボールを取りにきたのに少し驚いたが、やっていく中で自分たちの
ペースで試合ができるようになった。途中から相手はつなぎだしたから、
そのつなぐ部分を狙おうという当初の予定どおりのプレーができたと思う。
1点めのアシストは、サイドだったのでドリブルで崩すチャンスだし、
(DFが)2人来ていたけど、間を抜こうと考えた。中を見たら、南茂さんが
入ってきていたので、当たって入ればいいと強いボールを入れたら、
そのとおりに得点になった。リーグの中でメンバーも固定されてきて、
やることが明確になってきたし、この先も相手は関係なく自分たちの
サッカーをしたい。

−Voice 同志社大学・田原祐介(FW・主将)
最初の10分くらいまでは、シュートもチャンスもあったんだけど、そこで
決められなかった。点を取られたら弱いって言うか、4連敗しているので
みんな最悪のイメージを思い浮かべて、しゅんとしてしまった。勢いがある
時間帯は、ペースも取れるけど、そうじゃなくなったときに気持ちで
負けていた。自分たちが変わらないと勝てないし、しっかり集中力とやる気を
もって、あきらめずに戦っていくしかない。次節は、田村と西野が出場停止で
出られないけど、誰が出てもやれるようこの1週間で詰めていきたい。
先を見すぎてもダメなので、1戦1戦をとにかく勝っていけるようにやって
いきたい。


posted by yasuyo KANIE at 01:20| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。