2006年02月17日

第6節 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第6節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・岸田裕樹(FW)
相手は一人少ないから、引いて中を固めていたので、スペースがなく、どう
崩すのかというのが難しかった。もっとサイドを使って、相手を分散させる
動き出しがないと、苦しい。練習でもサイドハーフはやっていたから、
このポジションでの出番もあるとは思っていた。守備はあまり考えず、
得点をとにかく狙っていたので、僕とツートップが前に残ってしまい、
中盤との間が開いてしまって、負担をかけてしまった。
試合に出るのは6ヶ月ぶりくらいなんで、緊張しました。相手の
プレッシャーで慌ててしまう部分もあったけど、ゲームを重ねていく上で、
慣れていくと思う。

−Voice 近畿大学・木藤健太(MF・主将)
10人になった時間が早すぎた。それでも10人でよく耐えたと思うけど、最後の
最後で集中が切れてしまった。一人少ない状態では、ああいう戦い方しか
できない。カウンターを狙ったときに、中盤の選手がもっと絡んでいける
ようにできたら、攻撃の時間が増やせたと思う。得点できそうなチャンスは
あったけど、引いているから長い距離を走って前に行かなければならず、
相手に一歩先に触られてしまっていた。退場が出るまではペースも握れて
いたし、いい内容だったので、残念なゲームとしか言いようがないです。

−Voice 阪南大学・梁 勇基(MF・ゲームキャプテン)
ボールを持っていても、攻めの形が取れなくて苦しかったけど、ラッキーな
PKがあって、そこからエンジンがかかった感じだった。点を取ったら、
盛り上がって動きも良くなる。それを0−0でもいつもできるチームに
なれば、こんな苦戦することもない。去年や、今年の春に比べたら、苦しい
試合でも勝てる粘り強さはでてきた。関西選手権や総理大臣杯で勝ったと
いう自信もあるし、自分たちのサッカーをしたら負けへんと思って試合して
いる。この連戦は正念場だから、次もしっかり勝ちたい。関西ではとにかく
負けたくないし、ダントツで優勝できるようにしたい。

−Voice 大阪学院大学・楠 洋平(FW・ゲームキャプテン)
前半からボールを回されてて、つらかった。セカンドボールを取ろうとして
いたけど、取れなくなるにつれて向こうのペースになっていった。クロスが
合えば入りそうなシーンもあったが、なかなかシュートまでもっていけて
いない。攻撃に絡む1枚2枚がもっと上手くならないとダメだと思った。
あのPKを耐えられたら、こちらにもチャンスがあった。2点めは
追いつこうという時だったったので、痛かった。まだ混戦だし、次はホーム
グラウンドでの試合なので、勝ち点を取れるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 01:21| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。