2006年02月17日

第7節 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第7節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・橋本 卓(MF)
今日はいい時間に得点できて、みんな気持ちがのったと思う。先制した後、
攻め込まれて、これまでだったらそこで耐え切れんと取られていたのが、
しのぐことができ、その後に3点めまで取れたことは大きかった。2点めの
アシストは、GKに取られるかと思った。水たまりで止まってくれて
助かりました。DFのクリアボールが相手に渡ってしまうことが多いし、
セカンドボールを拾われて、中盤でボールを持てずに苦しい。競ってるヤツが
フリーの場面もあるのに、前に蹴っておけという雑なプレーがあるからだけど、
それだけが原因ではない。セットプレーで失点してるし、苦しい時間に
どれだけ頑張れるかが、この先の成績につながると思う。

−Voice 大阪学院大学・吉武和治(GK・主将)
早い時間での失点が多いから、それをみんなで気をつけようと言っていたのに、
繰り返してしまった。一瞬の隙でリスタートからやられてしまい、
決められるところで決められず、つまらないミスが失点になった。1点めは
楠が集中して、よく決めてくれた。取るべき人がとってくれたし、1点
取って前半を終われたので、雰囲気も良くなって、次の1点を意識して後半に
入れた。勝負となる次の1点を取れたので、勢いに乗れた。
今度こそ無失点で、前半から自分たちのサッカーを正確にやれるようにしたい。
立命館は中盤が上手いけど、利川、橋垣戸の2枚できっちりつぶして
くれると思う。

−Voice 同志社大学・大庭崇彦(DF)
もう1点取れる場面があったのに、取りきれずに最後は厳しかった。
これまで、試合の中で上手くいかないと、自信がなくなってきてしまい、
雰囲気の悪い時間帯に耐えられなくて失点してしまっていたけど、そこを
しのげるようになったことが大きい。甲南戦では、ロスタイムに失点して
しまったけど、今日守りきれるための何かをその失点でつかむことが
できたんだと思う。
僕が試合に復帰してから、2連勝です(笑)。自分としては、4年間で今が
一番頑張れていると思う。降格を唯一知っているのが、僕らの学年なので、
そのときの気持ちをまた味わいたくないし、サッカー人生、チームを2部に
落として終わりたくないから、何が何でも残留できるようにします。

−Voice 近畿大学・木藤健太(MF・主将)
押し込まれてはいたが、やられる気はあまりしていなかった。いいときは、
サイドハーフとFWの動きが関連できているけど、そこをつぶされて前で
起点が作れず、後手後手になってしまった。タメを作ることができて、
横パスなり、キープなりができたら、自分たちのサッカーをやれたのに、
そういう動きをゲームの中でできなかった。
ボールを持てる場面はあったけれど、決定機は作れていないし、サイドを
崩せていない。もう少しボールも人も動いていかないと、近大のサッカーには
ならない。個人個人はやろうとしていたけど、それがつながっていなかった。
また入替になったら、春から成長していないし、残り2試合は厳しい相手を
残しているけど、少しでも多く勝ち点を取れるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 01:22| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。