2006年02月17日

第8節 監督・選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第8節の監督・選手コメントです。
−Voice 同志社大学・大庭崇彦(DF)
前半15分までの早い時間にもっと得点できたと思う。勝てた試合だったけど、
一番ミスをしてはいけない時間帯に、パスミスから行かれてしまい、その後
佐伯のセンタリングにも誰も行ってなかったし、最後の上貝に対しても
マークがついていなかった。3つもミスが重なってしまったら、点を取られて
しまう。引き分けだけど、負けたような気分です。5連敗した後、4連勝と
いう具合には、上手くはいかないですね。
最終戦は、裏天王山となってしまった。うまく雰囲気を持っていけば、個々は
みんなちゃんとやってくれる。やれるチームなので心配はしていない。DFと
声で、自分のプレーをできるように頑張りたい。

−Voice 関西学院大学・水田泰広(GK)
2点めを取られたとき、(山口)陽平がケガで出ていて、10人だから
シンプルにやろうとしたけど、黒河が空いてしまっていて崩されていたし、
ボールへのチャレンジをどうしたらいいかわからなくて、最後も簡単に橋爪に
切り返されてやられてしまった。
せっかく、カツ(岡野)が頑張って先制してくれたのに、守備で踏ん張り
切れていない。全体にボールへの執着心が足りない。同志社にサイド
チェンジを繰り返されて、やなサッカーをされてしまった。こういう試合を
やってはいけない。負け試合だったし、引き分けられたのは奇跡みたいな
もんです。

−Voice 大阪体育大学・中野尊志監督
DFが中に行かせないようにするという普段はできている部分で、近大が中に
もぐってきて、向こうに流れを作られていた。やってはいけないところで
点をやってしまい、リズムに乗り切れなかった。落ち着いて、1−1で前半を
乗り切れば、後半にはいけると考えていたが、失点してしまったことで、
ムードを変えられなかった。点を取られても、もっとこちらが前に行く、
タフな面が欲しかった。
次節、川越が出場停止となり、森前が骨折しているし、高さの面でポイントと
なる2人がいないのは大きいが、スピードのある選手や、1回生で楽しみに
している選手などもいるし、最終戦は勝って終われるよう選手たちの頑張りに
期待したい。

−Voice 近畿大学・佐藤 亨(MF)
サイドハーフにも慣れてきて、ドリブルでえぐってクロスを上げたりと楽しく
やれるようになってきた。積極的に前へ行けるし、思い切り打っていこうと
考えていた。高校のときも開始すぐで何度か決めてるし、あの時間帯は狙って
います。周りがいいパスを出してくれて、2点めは当てるだけでした。
体大は夏の練習試合でも勝ってるし、今日負けると自動降格の可能性もあった
ので、みんなで前から行こうと言ってて、そのとおりにやれたと思う。自分と
しては、バテてしまったとこもあり、体力がないのが課題です。もっと
ドリブルでどんどん勝負を仕掛けていけるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 01:23| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。