2006年02月17日

第9節第1日 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第9節第1日の選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・趙 光洙(DF・主将)
近大戦は全然動けていなくて、気持ちになまっていた部分があった。関西で
負けていては、全国で勝っていけないし、インカレにつなげるために気持ちを
切り替えてやろうと話し合い、いい結果を出せた。応援に来てくれるみんなの
ためにも、今日勝つことができてよかった。3−1になった後、受け身に
なってしまったのは課題です。これまで(前田)和哉とセットプレーで
上がっても、得点が取れていなかったけど、今日はやっと決められて嬉しい
です。
関西代表として全国大会に出場するという使命感もあるが、これまで体大は
長い間全国に出られていなかったので、初挑戦のつもりでチャレンジャー
としてインカレを勝ち抜いていきたい。

−Voice 関西学院大学・山口陽平(DF)
1失点めは、GKはクリア、DFはGKが取ると思っていて、フリーの
選手を作ってしまっていた。集中しきれておらず、3点とも防げた失点だった。
そんなに守備が崩されることはなかったけれど、ちょっとしたミスが失点に
つながってしまい、もったいない試合になった。リーグを通して、個人の
ミスが失点に直結することが多く、各チームの力が均衡してる分、ミスは
命取りになってしまうと痛感した。それでも、春リーグに比べれば、
取られても取りにいけるようになったし、チャンスは多くなった。だけど、
そこで決めきれずに勝ちを落としているのは、自分たちの甘いところだと思う。
インカレはトーナメントで後がない。ミスと失点を減らして、国立目指して
頑張ります。

−Voice 関西大学・森本圭太(FW)
10点取れて、得点王という結果には満足しているけど、取るところできっちり
取れず、波があった。リーグ後半からはドリブルを意識して、しかけて
シュートを狙っていたので、打つのが遅くなったりもしてしまった。もう少し
考えてプレーをできれば、もっと取れると思う。チームが精神的に強く
なれれば、チャンスも増えるし決められる。そういうメンタルの部分で
成長すれば、チームワークもいいし、上を狙える。2位になり、インカレを
関西でやれることはうれしい。駒澤と対戦してリベンジするのがとりあえずの
目標です。チームが引いてしまわないよう、僕が前で引っ張るように
意識して頑張りたい。

−Voice 近畿大学・木藤健太(MF・主将)
関大は技術的にもチームとしても底力があるなと思った。こちらがいい形を
つくっても、最後のDFラインを突破できてない。プレッシャーに慌てて
蹴ってしまっていた。阪南や関大は、全員がゲームの中で詰めていく部分を
持っている。基本的だけど、それを意識してできていることが差だと感じた。
主将は、自分だけじゃなく、チーム全体に目を配らなくてはならないし、
最初はわずらわしいと思うこともあった。だけど、春リーグの結果は、
チームとしてなっていなかったという証拠だったし、みんなとの
コミュニケーションを意識するようになった。もう一歩僕が踏み込んで
行かなければならない部分もあったのではないかと思う。率直にいい経験を
したと思う。


posted by yasuyo KANIE at 01:23| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。